映画

「るろうに剣心」映画の海外の反応や評価(興行収入)は?上映場所や海外版タイトルも紹介!

「るろうに剣心」映画の海外の反応や評価(興行収入)は?上映場所や海外版タイトルも紹介!

Pocket

2012年から公開されていた「るろうに剣心」の映画が、今年2021年にシリーズ最終章となる「The Final」と「The Beginning」の連続公開を以って完結となりました。

日本では大好評となっていましたが、海外の反応や評価(興行収入)どうだったのでしょうか?

また海外での上映場所や「るろうに剣心」の海外版タイトルに関しても気になる人が多いのではないかと思います。

そこで今回は、「るろうに剣心」の映画の海外での反応や評価(興行収入)、上映場所や海外版タイトルに関してまとめみました。

 

「るろうに剣心」最終章The FinalとThe Beginningの違いは?順番はどっちから観る?
るろうに剣心の最終章の順番はどっちが先?The FinalとThe Beginningの違いは?映画「るろうに剣心」最終章であるThe Finalが2021年4月23日に、The Beginningが2021年6月4日に公開されまし...

 


映画「るろうに剣心」の海外での反応や評価は?佐藤健もすごい人気?

ここでは、「るろうに剣心」の映画の海外での反応や評価に関してまとめていきたいと思います。

日本の漫画が原作である「るろうに剣心」ですが、海外では日本の漫画やアニメが大人気ですよね。

その事からも「るろうに剣心」 の映画も海外では人気があるのではないかと考えています!

また、緋村剣心役を演じた「佐藤健」さんですが、どうやら海外でとても人気があると言われているようですね。

 

海外での反応は良い!

「るろうに剣心」の原作漫画は海外の漫画/アニメファンの間でもとても人気のある作品のようです。

「ドラゴンボール」や「スラムダンク」、「幽遊白書」など週刊少年ジャンプを代表する作品の一つであり、少し遅れて海外でも漫画やアニメが翻訳されて発売/放送されていました。

従いまして、海外ファンの中には子供の頃に見ていて好きだった人も多いと言われています。

そんな海外の方も期待に胸を膨らませて待っていた映画「るろうに剣心」ですが、海外ではアジアでの公開を皮切りに世界各地に順次公開されていきました。

中でもシンガポールではスクリーンがたった2つでの上映にも関わらず、過去4年間に上映された日本映画の興行収入の記録を更新したという逸話があります。

その後は台湾、北米、欧州、ロシアなど世界各地で上映されていきました。

北米最大の日本映画祭である「ジャパンカッツ2013」では、上映作品中で最速でチケットが完売したという話もあります。

これだけでも海外における「るろうに剣心」の評価が良いことや、人気があることがよく分かりますよね!

また、2020年に「るろうに剣心」の映画の最終章の公開予告を受けて、海外でもかなりの盛り上がりを見せていたようです。

その中でも特に面白いコメントとして「これがコミック/漫画をもとに作られた実写版だ!ハリウッドよ、これで勉強しろ!」というものもあるくらいです。

やはり元々、原作である漫画やアニメで海外でも人気が高かったこともあり、映画版に対しても海外の反応や評価はかなり良かったものと思います。

 

海外の方のコメントを紹介

ここでは海外の方のコメントを紹介していきたいと思います。

父は「るろうに剣心」のThe Finalにとても興奮しているわ。

剣心が私の最初のボーイフレンドであり、私と彼が再びデートするかもしれないことを父にどのように伝えれば良いのかしら。

海外の女性の方のコメントで、父娘でるろうに剣心のファンなのか、とても微笑ましいコメントですね!

 

「るろうに剣心」の縁vs剣心の最後の映画は、アニメ実写化で今まで見た中で最もクールな戦いの1つだったよ

アニメやコミックの原作も知っている方なのでしょうね!

「るろうに剣心」の実写化に対しても好評化のコメントが沢山あります。

 

私は今日、るろうに剣心の実写映画が全部で5本あることを知りました…。見たい…全部…。

恐らく途中のシリーズまでは観ていて、全部で5シリーズあることを知ったのでしょうか。

「るろうに剣心」に対する愛が分かりますね(笑

 

海外においても佐藤健はすごい人気がある!

映画「るろうに剣心」のみならず、緋村剣心役を演じた「佐藤健」さんの海外における人気もすごいようですね。

どうやら映画「るろうに剣心」の評価が海外でも良かった理由の1つに「佐藤健」さんの存在も大きく影響しているようです。

特に映画の中でのソードアクション(殺陣)の評価が素晴らしいと言われています。

「るろうに剣心」のソードアクションのシーンでは早回しは使わずに実速で行われており、スタントマンも一切使っていないのが特徴の1つです。

また、「佐藤健」さんは世界的映画監督である「ティム・バートン」監督とも対談の経験があり、その対談の中で「ティム・バートン」監督も「佐藤健」さんのソードアクションを絶賛していました。

この上映に対して緋村剣心役を演じた「佐藤健」さんは以下のようにコメントをされていました。

佐藤健:アクションは当然ですけど、登場人物全員が持っている、武士の心といいますか。それはきっと剣心やサムライ達だけじゃなく、女性の登場人物とかも、(原作者の)和月さんの描かれるキャラクターは、全員に共通した芯の強さを持っていると思うので、そういうところを日本の昔ならではの美術と合わせて楽しんでもらえたら嬉しいなと思います。

※引用元:エンタメRBB

世界的に有名な映画監督が太鼓判を押すソードアクションですので、「佐藤健」さんが海外で人気がある理由にも納得がいきますよね!

 

映画「るろうに剣心」の海外での上映場所や海外版タイトルも紹介!

ここでは、海外での映画「るろうに剣心」の上映場所や海外版のタイトルに関して紹介していきたいと思います。

そもそも海外での人気や評価が良いことは先述してきましたね。

そうなると映画が上映された場所は海外にも沢山あるのではないでしょうか?

また、海外版ではどのようにネーミングしているのかも気になりますね!

それぞれ見ていきましょう。

 

世界100ヵ国以上で配給が決定

2012年に1シリーズ目が公開されるやいなや大ヒットを記録し、日本だけでなく世界中で熱狂を巻き起こしていたようです。

北米、イギリス、香港、韓国、台湾、フィリピンなど欧州やアジア諸国を含む100ヵ国以上で配給されました。

中には5ヵ月もの間ロングラン上映を行った国や、少ない上映館数にも関わらず興行収入の記録を更新した国もあるようです。

「佐藤健」さんをはじめとする豪華キャスト&スタッフが登壇した、シリーズ最大規模のオンラインイベント「るろうに剣心 Global Fan Session」がありました。

こちらのイベントは様々なプラットフォームを活用し全世界同時生配信も行われていたようですね。

イベント開催から24時間の累計視聴者数は200万再生を超えており、なんと世界46の国と地域で視聴され、世界中のるろ剣ファンが集うイベントとなっていました。

 

海外初のシリーズ一挙上映が決定

「るろうに剣心」は50以上の国際映画祭で出品され、世界中で高い評価を受けていました。

スペインで開催される「シッチェス・カタロニア国際映画祭」にオフィシャル・ファンタスティック・コンペティション部門で正式上映が決定。

世界最大規模と言われているオーストラリアの日本映画祭では、映画の3部作を一挙上映がされ、これは海外では初となる快挙。

フィンランドで開催される「ヘルシンキ映画祭」で連続上映や、韓国の「釜山国際映画祭」でも正式招待。

などなど数々の高評価を受け、日本のみならず世界中で熱狂を集めています。

そんな中第24回目の上海国際映画祭で海外初となるシリーズ5部作の一挙上映が決定されました。

また、シリーズ最新作の「最終章 The Final / The Beginning」はインターナショナルプレミア上映も決定しているようです。

シリーズ5部作の一挙上映が決まったのは、同映画祭のムービーフランチャイズ部門です。

この部門は2016年に新設されており、これまで「ハリー・ポッター」「007」「ミッション・インポッシブル」という世界中にファンを持つ、ハリウッドの超有名作シリーズのみが招待されていました。

同部門での上映は「るろうに剣心」シリーズが日本実写映画で史上初の上映となるようです!

海外で数々の偉業を成し遂げてきている本作品は、日本映画史上にその名を深く刻むことになるでしょうね。

 

海外版のタイトルが面白い

これまで紹介してきたように、海外でも幅広い地域で人気を誇っているようですが、海外では何と言われているのでしょうか?

どうやら、アメリカをはじめ多くの国では「Rurouni Kenshin(ルロウニ ケンシン)」とそのまま表記されていたようです。

オリジナル感を大切に扱われてるイメージがあり、作品ファンとしては嬉しいかもしれませんが、これだとタイトルに込められた意味が伝わらない気もしますね(笑

ちなみに、フランスでは「Kenshin Le Vagabond(ケンシン ル バガボンド)」としているようです。

恐らく、一番意味を伝えるのが難しいのが”るろうに”ですよね。

フランスではこの部分(流浪人)を「放浪者」を指す言葉を当てて、上記のタイトルにしていると言われています。

イタリア版のコミックでは「Kenshin Samurai Vagabondo」と”サムライ”が入っています。

“サムライ”はスシ、ニンジャ、ハラキリなどの海外の人が使いたくなる日本語キーワードの中でも上位に入っているようですし、そういった意味もあって付けられたタイトルなのかもしれませんね!

また、先述したアメリカ版での「Rurouni Kenshin」ですが、劇場版やOVA作品でついたタイトルは「Samurai X」だったようです。

もはや剣心の名前すら無くなってしまいましたが、ここでも”サムライ”が起用されています。

ここでの「X」の正体ですが、主人公の緋村剣心の左頬にある十字傷が「X」に見えるとのことで付けられたようです。

アメリカのコミックに登場する日本のヒーローみたいな名前ですが、海外の人のハートを掴むにはこっちのタイトルの方が良いのかもしれませんね(笑

 


「るろうに剣心」映画の海外の反応や評価・興行収入は?

ここでは、映画「るろうに剣心」の各シリーズごとの興行収入に関して紹介していきたいと思います。

■映画「るろうに剣心」シリーズ 興行収入 

公開日 シリーズ 興行収入
2012年8月25日 るろうに剣心 6,250万USドル(全世界総計)
2014年8月1日 るろうに剣心 京都大火編 5,290万USドル(全世界総計)
2014年8月14日 るろうに剣心 伝説の最期 4,400万USドル(全世界総計)
2021年4月23日 るろうに剣心 最終章 The Final 42億9369万6500円(※日本のみ)
2021年6月4日 るろうに剣心 最終章 The Beginning 23億5676万6860円(※日本のみ)

2021年に公開されているThe FinalとThe Beginningですが、こちらはまだ公開中となっています。(2021年8月3日現在)

最終的な興行収入(全世界総計)が発表され次第、更新していきたいと思います!

 

「るろうに剣心」映画の海外の反応や評価は?上映場所や海外版タイトルも紹介・まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「るろうに剣心」の映画に関して、海外での反応や評価、上映場所や海外版タイトルのまとめをしてきました。

映画に対する海外の反応や評価は、高評価なものが沢山ありましたね。

一般のファンの方からの声はもちろん、数々の映画祭などで取り上げられていました。

上映場所に関しても世界100か国以上で公開されているなど、全世界で愛されている作品のようです。

海外版タイトルは日本の方からすると少し面白い名前になっていましたね。

中でも個人的には「るろうに剣心」→「Samurai X」は良かったです!

他の作品へのパロディーで「Samurai X」として出演したりすると面白いと思います(笑

シリーズは完結してしまいましたが、これからも世界中の人々に愛される作品になること間違いなしでしょう。