芸能

ショーシャンクの空にのラストはどうなった?アレン・グリーンとは誰?

ショーシャンクの空にのラストはどうなった?アレン・グリーンとは誰?

Pocket

1994年にアメリカで公開、第67回アカデミー賞において7部門にノミネートされたヒューマンドラマ『ショーシャンクの空に』についてです。

とても人気のある本映画ですが、ラストシーンに関して気になることが多いのも特徴ですね。

この記事で分かること
  • ショーシャンクの空にのラストは結局どうなった?
  • ショーシャンクの空にのアレン・グリーンとは誰?
ゴロー
ゴロー
ヒューマンドラマの映画では超が付くほど有名な映画だけど、ラストがどうなったか分かりにくい人もいるのかな
モグラ博士
モグラ博士
最後に出てくるアレン・グリーンとは誰なのかも紹介していくよ

それでは『ショーシャンクの空にのラストはどうなった?アレン・グリーンとは誰?』と題して見ていきましょう。

 


ショーシャンクの空にのラストはどうなった?

ここではショーシャンクの空にのラストシーンに対して、簡単にまとめていきたいと思います。

 

アンディの脱獄

この時のショーシャンク刑務所の騒ぎに尻目に、アンディはメキシコへと逃れることになります。

 

レッドの仮釈放と再開

「もし仮出所が決まれば、バクストンという場所の黒曜石を調べてくれ」

その場所はアンディが妻にプロポーズをした思い出の場所だと告げていましたね。

■アンディの手紙

  • 「レッド、希望は良いものだ。多分最高のものだ。素晴らしいものは決して滅びない」
  • 「僕の計画を助けてくれる人間が必要なんだ。君を待ってる。チェス盤も用意した。レッド、希望は良いものだ。多分最高のものだ。素晴らしいものは決して滅びない。君がこの手紙を見つけ、元気であって欲しい。アンディ」

 

二人が再開を果たす海

のようです。

ちなみに画像はこちらです。

 


ショーシャンクの空にの「アレン・グリーン」とは誰?

ショーシャンクの空に のラストシーンと言えば、エンドロールの前に表示される「アレン・グリーン」という人物ですね。

この人物は誰なのか、気になる人も多いと思います。

調査をしてまとめてみました。

 

映画のラストに「アレン・グリーンを偲んで」と表示

ショーシャンクの空にのラストのエンドロールでは、

「IN MEMORY OF ALLEN GREENE(アレン・グリーンを偲んで)」

という表示が出ます。

この突然のメッセージに、関係スタッフが撮影中に亡くなった? 出演した俳優?女優?

などなど、様々な噂が飛び交ったようです。

実際のところは誰なのでしょうか?

 

アレン・グリーンはフランク・ダラボン監督の親友

アレン・グリーンさんはショーシャンクの空にの監督「フランク・ダラボン」さんの親友であることがわかっています。

彼はこの映画の製作途中に亡くなっていたようですね。

アレン・グリーンさんはフランク・ダラボン監督の親友であると同時に、

ショーシャンクの空にのエージェント(芸能事務所担当者)をしていた人物でした。

映画の完成前に亡くなられていたこともあり、そのために、映画のエンドロール直前に追悼の意を表明していると言われています。

 


まとめ

今回は『ショーシャンクの空にのラストはどうなった?アレン・グリーンとは誰?』と題してまとめてきました。

最後にもう一度振り返っておきましょう。

まとめ

■ショーシャンクの空にのラストは結局どうなった?

  • アンディは脱獄し、レッドは仮出所が決まる。
  • 最後、二人は海辺で再開を果たす。

■ショーシャンクの空にのアレン・グリーンとは誰?

  • 監督「フランク・ダラボン」の親友で、同映画のエージェント
  • 映画完成前に亡くなられており、追悼の意味も込めてエンドロール直前に表示

それでは最後までお読みいただき、有難うございました。