映画

「SLAMDUNK」新作アニメ映画2022年秋に公開決定!予測エピソード3選!

「SLAMDUNK」新作アニメ映画2022年秋に公開決定!予測エピソード3選!

Pocket

2021年8月13日に「SLAMDUNK」の新作アニメ映画が2022年の秋に公開決定になったことが、公式ツイッターから報告がありました。

同映画は2021年1月頃に原作者である「井上雅彦」さんが自身の公式ツイッター上で、映画を作成しているとツイートしたことで話題を呼びましたね。

その後、特に新作映画の内容に関する情報アップデートはありませんでしたが、ついに公開日が決定されたようです。

気になるところとしては、やはり映画のストーリー/エピソードではないでしょうか?

この記事では、2022年秋に公開される新作アニメ映画「SLAMDUNK」の予測エピソードを3選、紹介していきたいと思います!

 


「SLAMDUNK」新作アニメ映画2022年秋に公開決定!TVアニメ版はどこまでやった?

ここでは、2022年秋に公開予定の新作アニメ映画「SLAMDUNK」のPVの紹介や、TVアニメ版ではどこまでやったのかをまとめていきたいと思います。

 

「SLAMDUNK」新作アニメ映画 PV

30秒という短い時間のPVとなっています。

映画製作に関わるスタッフの名前がズラ~っと出てきていますね!

監督/脚本は原作者でもある「井上雅彦」さんが担当するようです。

キャラクターデザイン/作画監督には「江原康之」さんの名前がありました。

この方は「進撃の巨人」シリーズのアクション作画監督を務めていたこともあり、ファンにとっては気になるところのキャラデザインや作画に関しては期待が持てそうです!

スタッフの名前が画面に一杯になるにつれて、「SLAMDUNK」の主要メンバーである「桜木」、「流川」、「赤木」、「三井」、「宮城」の5人が円陣を組んでいる姿が浮かび上がってきていました。

試合の前に5人が円陣を組んでいるようにも見えますね。

新作のアニメ映画はどのようなストーリーになるのか、今からとても楽しみです。

TVアニメ版はインターハイ直前まで

TVアニメは1993年~1996年にかけて全101話放送されていました。

ストーリーとしては原作コミックでいうところの「インターハイ直前」までが放送された形となっています。

神奈川県のインターハイ予選リーグで綾南高校に勝利し、見事インターハイ行きを決めました。

そこから桜木のジャンプシュート2万本の合宿のところまでは原作コミックの通り放送されていましたね。

その後、TVアニメオリジナルストーリーとなる「湘北VS翔陽・綾南」の練習試合の模様が放送され、その試合に勝利し、インターハイに行くぞ!というところで最終回となっていました。

ファンの方々からすると、是非ともインターハイのところまでTVアニメで放送して欲しかったのではないでしょうか?

今回の新作アニメ映画で、この未放送だったインターハイの部分が公開される可能性が出てきましたね!

 

「SLAMDUNK」新作アニメ映画の予測エピソード3選!

2021年の1月に映画製作の発表があり、8月13日に映画公開日の発表がありましたが、ストーリーなど内容に関するところは謎に包まれたままですね。

ファンの間でも憶測が飛び交っていますが、一体どんなストーリーが描かれるのでしょうか?

ここでは、新作アニメ映画「SLAMDUNK」の予測エピソード3選を紹介していきたいと思います。

インターハイ編

1つ目は「インターハイ編」です。

このエピソードが最も可能性が高いのではないでしょうか?

先ほど紹介した30秒のPVでも描かれていた、湘北バスケ部のスタメン5人の円陣ですが、桜木が坊主頭でしたね。

ということは、少なくとも神奈川県インターハイ予選の海南戦以降であることが考えられます。

先述しましたが、その海南戦以降からインターハイに向かうところまではTVアニメ版で放送されていますね。

ということは順当に行けば、新作アニメ映画は「インターハイ編」になるのではないでしょうか。

気になるところとしては、インターハイの試合としては以下2試合があるという事です。

インターハイの試合
  • 豊玉戦
  • 山王戦

やはりメインは山王戦になるでしょうが、豊玉戦も見どころは沢山あります。

主に、エースキラー南による流川の負傷であったり、その後のカリメロの逆襲(桜木呼称)などですね。

豊玉戦はバッサリカットされる可能性もありますが、全2部構成にして豊玉戦、山王戦の両方を公開するのも良いのではないでしょうか(笑

期待せずにはいられないですね。

 

「あれから10日後」のストーリー

2つ目は「あれから10日後」のストーリーです。

「あれから10日後」とは、原作者である「井上雅彦」さんが廃校となった学校の黒板に描いたサイドストーリーのことですね。

連載終了から10日後を描いていると言われています。

山王戦に勝利した湘北は、続く3回戦目の愛和学院にボロ負けしてインターハイを終えます。

この辺りのところはほとんど描かれておらず、最後は桜木が背中の怪我のリハビリをしているシーンで終了となっていましたね。

「あれから10日後」として、あのインターハイの後、それぞれの湘北メンバーがどのような人生を歩んでいったのか、オリジナルストーリーとして描かれる可能性も十分に考えられます。

黒板に描かれたサイドストーリーの中には「日本人初のNBAプレイヤーが生まれた」というセリフもあります。

これはもしかすると「沢北」のことを指しているのか?など、考えを巡らせてしまいますね!

 

映画オリジナルストーリー

3つ目は、映画の完全オリジナルストーリーの可能性です。

これは個人的にはあまりやって欲しくはないのですが、これまで「SLAMDUNK」の映画ではオリジナルストーリーだった作品もいくつかあります。

公開日 映画タイトル
1994年3月 スラムダンク
1994年7月 スラムダンク全国制覇だ!桜木花道
1995年3月 スラムダンク湘北最大の危機!燃えろ桜木花道
1995年7月 スラムダンク吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏

1作目の「スラムダンク」では、「湘北vs武園」の練習試合を描いた映画のオリジナルストーリーとなっていました。

2作目の「スラムダンク全国制覇だ!桜木花道」では、インターハイ予選4回戦の「湘北vs津久武」の試合が描かれていました。

原作では細かく描かれていませんでしたが、映画でスピンオフ作品のように描かれていましたね。

3作目の「スラムダンク湘北最大の危機!燃えろ桜木花道」では、映画オリジナルとなる「湘北vs緑風」の練習試合が描かれていました。

4作目の「スラムダンク吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏」では、流川の後輩である水沢イチローとの人間ドラマが主に描かれていました。

こちらの作品も映画オリジナルとなっています。

このように、過去の「SLAMDUNK」の映画においては、そのほとんどが映画オリジナルの作品になっていたのですね。

ですので、今回の新作アニメ映画においても、全国大会に行く前の練習試合などが描かれる可能性もあるのではないかと考えられます。

正直、2020年に連載開始から30周年を迎えた「SLAMDUNK」において、そのような「消化不良」となるような映画は作らないで頂きたいというのが本心ですが・・・

 


「SLAMDUNK」新作アニメ映画2022年秋に公開決定!予測エピソード3選・まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、2022年秋に公開決定された「SLAMDUNK」の新作アニメ映画に関して、そのPVや予測エピソード3選を紹介してきました。

2022年秋まではまだ1年以上の期間があるので、映画の公開が待ち遠しいですね。

「SLAMDUNK」の新作アニメ映画の予測エピソードとしては、以下3つが考えられました。

予測エピソード
  • インターハイ編
  • 「あれから10日後」のストーリー
  • 映画オリジナルストーリー

個人的には順当に「インターハイ編」を描いて、TVアニメと映画を通じて原作を全て踏襲して完結して欲しいと思っています。

「SLAMDUNK」の映画の情報に関して引き続きアップデートしていきたいと思います!