映画

るろうに剣心の映画キャスト「窪田正孝」はなぜ殺された?巴の婚約者(清里)で迫真の演技!

るろうに剣心の映画キャスト「窪田正孝」はなぜ殺された?巴の婚約者(清里)で迫真の演技!

Pocket

2021年の春に最終章の2部作品の連続公開で映画「るろうに剣心」が完結しましたね。

今回は映画「るろうに剣心 最終章」のキャスト「窪田正孝」さんが演じた、巴の婚約者である「清里明良」という人物がなぜ殺されたのか、その背景などをまとめていきたいと思います。

また「窪田正孝」さんの出演が認知されるようになったのはシリーズ5作目の「るろうに剣心 最終章 The Beginning」からだったのですが、実はもっと前のシリーズから出演されていたようです。

僅かな出演時間だったので、「窪田正孝」さんが映画「るろうに剣心」のキャストとして出演していたことに気付かなかった人も多いかもしれませんね。

その僅かな出演時間にも関わらず印象に残る迫真の演技が話題を呼んでいました。

それでは「窪田正孝」さんが演じた、巴の婚約者である「清里明良」がなぜ殺されたのか、話題となっている迫真の演技について、みていきましょう!

 


映画「るろうに剣心」のキャスト「窪田正孝」が演じた「清里明良」はなぜ殺された?

ここでは、映画「るろうに剣心」のキャストで「窪田正孝」さんが演じた「清里明良」はなぜ殺されたのか、についてまとめていきたいと思います。

その前に「清里明良」という人物の 事をよく知らない方のためにも、彼の人物紹介もまとめていきます。

それでは見ていきましょう。

 

「清里明良」の人物紹介

映画「るろうに剣心」では、窪田正孝さんは「清里明良」の役を演じていました。

この「清里明良」とは何者かと気になる方も多いと思いますので、以下に簡単にまとめました。

清里明良とは?
  • 京都見回り組(佐幕派の志士集団)に所属する武士
  • 幕府の重役である京都所司代である重倉十兵衛の護衛を担当
  • 御家人の次男坊
  • 幼馴染(雪代巴)の婚約者
  • 文武弓馬は人並みで良家育ちでもないが人柄がとても良い青年
  • 京都見回り組を志願した理由は幕府への忠義を立て男を上げるため

「清里明良」という人物は、文武弓馬は人並み以下のようで、良家育ちでもなかったですが、明るく人柄がとても良い青年であったと言われています。

そんな彼が幕末の殺伐とした雰囲気の中、京都見回り組に志願したのには理由がありました。

それは幼馴染であり婚約者でもあった巴を妻として迎え入れる前に、幕府への忠義を立て男を上げるためだったのです。

 

清里明良は剣心によって斬殺された

「清里明良」は他の誰でもない、かつて「人斬り抜刀斎」と呼ばれていた剣心によって斬殺されていたのですね。

その時は突如として訪れます。

それは、巴との祝言を1ヵ月後に控えた元治元年(1864年)4月の夜のことです。

幕府の重役である重倉十兵衛の護衛を行っていた時に、その場に剣心が「天誅」と称して暗殺に現れるのです。

重倉十兵衛を含め、他の護衛2人もあっさりと剣心に斬殺され、残る「清里明良」もあえなく殺されてしまうのですね。

原作から知っている方であればお分かりでしょうが、彼は剣心の左頬にある十字傷の一片を負わせた人物になります。

先述したとおり、彼は剣の腕前はそれほど強くはなく武士としても秀でてはいませんでした。

そんな彼が当時「人斬り抜刀斎」と呼ばれていた剣心の頬に一太刀入れることができたのは、目前に迫っていた幸せのため、死ぬわけにはいかない、なんとしても生きて愛する人のもとへ帰るという強い意志の表れだったのです。

後に剣心も「剣の腕というよりも、生きようとする執念が凄まじかった」と語っていましたね。

この「清里明良」によって付けられた傷は、その後十数年もの間消えることがありませんでした。

それほど強い想いが込められていたのですね。

 

映画「るろうに剣心」のキャスト「窪田正孝」の「清里明良」は巴の婚約者として迫真の演技!

ここでは、映画「るろうに剣心」で「窪田正孝」さんが演じた「清里明良」の迫真の演技についてまとめていきたいと思います。

巴の婚約者として絶対に死ぬわけにはいかない、と生きることへの執念を見事に演じていましたね!

また、ほとんどの方が「るろうに剣心 最終章 The Final」か「るろうに剣心 最終章 The Beginning」のどちらかで「窪田正孝」さんの出演を知ったのではないでしょうか?

実は彼は第一作目から出演していたようで、話題のシーンが撮影されたのも10年前になるのだとか。

その辺りも詳しく見ていきましょう。

 

出演時間は5分で印象に残る名演技

肝心の回想シーンですが、それは時間にしてわずか5分足らずのものだったのにも関わらず、一度見ると忘れられなくなるような印象に残るシーンでしたね。

「清里明良」演じる「窪田正孝」さんの迫真の演技で、

  • 「俺には大事な人がいる、、、死ぬわけにはいかないんだ!」
  • 「死ねない・・! 死ねない!! 大事な人がいる・・!」
  • 「死ねない・・死ねない・・・」

という感じで、斬られても斬られても立ち上がり、剣心を驚かせていました。

原作コミックでも印象に残っているシーンで、それを上手く再現されていたと思います。

映画「るろうに剣心」の監督を務めていた大友監督も「窪田正孝」さん演じる「清里明良」に関して、以下のようにコメントをしています。

■大友監督

あの時からすごく良い役者でしたからね。振り返ってみると、改めて窪田くんで良かったなあという思いがあります。10年前にあのシーンを撮っている時、冗談半分、本気半分で「ゾンビ清里にする」と宣言したんですけど、それは、斬られても斬られても立ち上がってくる、生への執着を現すような存在にしたかったということなんですね。その執念を可視化することが剣心の物語にとっては、とても大切なことであると。致命傷を与えたはずの清里が何度も何度も立ち上がって来る、それは剣心にとって、少なからず脅威というか、“人斬り抜刀斎”としての初めての驚きでもある。

※引用元:Yahooニュース

 

剣心の回想シーンで第一作目から出演

窪田正孝さんが出演するシーンは剣心の過去の回想シーンでした。

その為、実は映画のシリーズを通して第一作目から出演していたのですね。

第一作目では「偽の人斬り抜刀斎」として暗躍していた「鵜堂刃衛」が警官を斬殺し、遺族が泣いて悲しむシーンがあります。

この後、剣心の記憶がフラッシュバックし、過去の回想シーンに移るのですね。

これは第三作目の「るろうに剣心 伝説の最期編」でも同じ回想シーンが流れており、剣心の過去の記憶に深く刻まれた出来事のようでした。

第一作目と第三作目でまるで伏線のように張り巡らされていたこの回想シーンが、最終章となる第四作目と第五作目で回収されるような流れになっています。

 

ところで、「窪田正孝」さんの現在の年齢は32歳のようです。

映画「るろうに剣心」の第一作目は約10年前に撮影がされていましたから、その頃は若干23歳の若者だったことになりますね。

10年前、まだあまり有名ではなかった「窪田正孝」さんが「清里明良」を演じており、その後に色々な作品で主演を担当し実力派の俳優として認知されるようになってきました。

10年の時を経て、映画「るろうに剣心」で重要な脇役を演じていたことが発覚するという、こちらもある意味伏線回収のような形になっていたのですね!

 

窪田正孝が演じる「清里明良」に対するファンの声

ここでは窪田正孝さんが演じた「清里明良」に対するファンの方の声を見ていきたいと思います。

やはり窪田正孝さんの迫真の演技に対する称賛の声が非常に多かったですね!

また、剣心に殺される雪代巴の許嫁である「清里明良」の役が窪田正孝さんであることに気付いていないことによる驚きの声も多々ありました。

10年前からキャストとして起用しているワケですから、その頃から最終章の事を考えていたのだとすると、本当に先見の明がありますよね。

 


窪田正孝のプロフィール

以下に「窪田正孝」さんのプロフィールをまとめます。

■プロフィール
名前 窪田正孝(クボタ マサタカ)
生年月日 1988年8月6日(32歳)
出身地 神奈川県
身長 175cm
血液型 B型
既婚・配偶者 水川あさみ(2019年~)
特技 野球、バスケットボール、ダンス
好きなアーティスト ATSUSHI(元EXILE)
好きな食べ物 焼肉、アイスクリーム
事務所 スターダストプロモーション

 

次に主な出演作品を以下にまとめました。

■ドラマ
作品名 役柄 公開日
ケータイ捜査官 主演:綱島ケイタ 役 2008年4月2日~2009年3月18日
ゲゲゲの女房 倉田圭一 役 2010年7月19~9月23日
大河ドラマ・平清盛 平重盛 役 2012年6月17日~12月23日
デスノート 主演:夜神月 役 2015年7月5日~9月13日
MARS~ただ、君を愛してる~ 主演:桐島牧生 役 2016年1月24日 – 3月27日
連続テレビ小説・エール 主演:古山裕一 役 2020年3月30日~11月27日
■映画
作品名 役柄 公開日
ナニワ銭道 主演:青威雄一郎 役 2014年7月12日
MARS〜ただ、君を愛してる〜 主演:桐島牧生 役 2016年6月18日
東京喰種トーキョーグール 主演:金木研 役 2017年7月29日
東京喰種トーキョーグール 【S】 主演:金木研 役 2019年7月19日
初恋 主演:葛城レオ 役 2020年2月28日

大河ドラマや連続テレビ小説など、主演も数々担当しており、その人気ぶりが伺えますね。

デスノートやトーキョーグールなどの、原作がコミック・アニメの主演を担当しているのが何となく印象的です(笑

 

るろうに剣心の映画キャスト「窪田正孝」はなぜ殺された?巴の婚約者(清里)で迫真の演技・まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、映画「るろうに剣心」のキャスト「窪田正孝」さんが演じる「清里明良」はなぜ殺されたのかについてまとめてきました。

「窪田正孝」さんが演じた「清里明良」は、剣心の妻にもなった巴の幼馴染で婚約者だった人物で、剣心自身の手で斬殺されていた人でしたね。

物語上とても重要な役柄で、第一作目から伏線のように出演がされていました。

映画「るろうに剣心」は10年前からシリーズ初公開されているため、その頃から最終章を見据えてキャストを選んでいたのだとすると、先見の明が素晴らしいですね。

「窪田正孝」さんが演じる巴の婚約者である「清里明良」の迫真の演技は非常に短い時間のものです。

もし見逃してしまった方がいたら是非この機会に見返してみて下さいね!