映画

るろうに剣心The Beginningのキャストで飯塚は誰?裏切者で最後は誰に暗殺された?

るろうに剣心The Beginningのキャストで飯塚は誰?裏切者で最後は誰に暗殺された?

Pocket

映画「るろうに剣心」の最終章のThe FinalとThe Beginningが、それぞれ4月23日と6月4日に公開されましたね。

今回はそのThe Beginningの飯塚という役のキャストは誰だったのか、裏切者だった彼は最後は誰に暗殺されたのかについてまとめていきたいと思います。

The Beginningで初登場となった飯塚は実はストーリー上でも重要なキャラだったワケですが、そのキャストは誰だったのか気になるところですね。

そして、裏切者だった彼を最後に暗殺したのは、後のるろうに剣心シリーズでも話題となる”あの男”でした。

それでは見ていきましょう!

 


るろうに剣心The Beginningの飯塚のキャストは誰?

ここでは、映画「るろうに剣心」のThe Beginning の飯塚のキャストに関してまとめていきたいと思います。

飯塚自身をあまり知らない方もいらっしゃると思うので、原作コミック版との比較もしていきます。

脇役にはなりますが、物語の核心部分に触れるキャラクターでもあったため、どういう役回りだったのか見ていきましょう。

 

飯塚のキャストは「大西信満」

映画「るろうに剣心」のThe Beginningで登場した飯塚のキャストは「大西信満」さんでした。

以下に簡単に「大西信満」さんのプロフィールをご紹介します。

本名 大西 信満(おおにし しま)
生年月日 1975年8月22日
年齢 45歳
身長 173cm
血液型 B型
出身地 神奈川県
所属事務所 株式会社 ディケイド

テレビドラマや映画での主な出演作品は以下となります。

テレビドラマ
柴公園 2019年 じっちゃんパパ 役
映画
赤目四十八瀧心中未遂 2003年 主演・生島与一 役
キャタピラー 2010年 主演・黒川久蔵 役
さよなら渓谷 2013年 主演・尾崎俊介 役

映画の「赤目四十八瀧心中未遂では映画初出演にも関わらず主演になったようです。

この映画で、第58回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞、第13回日本映画批評家大賞・新人賞を受賞しており、デビュー時から実力派俳優として注目されていたようですね。

 

原作の飯塚との比較

ここでは原作の飯塚との比較をしてみたいと思います。

こちらの画像が原作の飯塚になります。

先述した映画の飯塚(大西信満さん)とはビジュアルはちょっと異なりますね。

原作の飯塚は細い目が特徴的で、全体的な印象もどこかセコく軽薄そうな雰囲気を醸し出していました。

一方、映画の飯塚はというと、キャストの「大西信満」さんの個性も出ているのか、どちらかというと濃い感じの人物になっています。

個人的には原作の飯塚の方がしっくりくる感じでしたね。

実際に映画で「大西信満」さん演じる飯塚を観ていて、原作のあの飯塚のことを思い出せませんでした(笑

ですが、「大西信満」さん演じる映画の飯塚は、これはこれで渋くてカッコいいと思います。

 

飯塚は剣心の検分役

ここでは原作を知らない方のために、ストーリー上での飯塚の役回りに関して紹介していきたいと思います。

飯塚は長州藩士であり、剣心のように裏の暗殺者の検分役を担う人物です。

■検分役とは

・お目付け役のようなもの。実際に暗殺の場に立ち合い任務完了を見届ける役目。

飯塚は剣心の他にも暗殺者の検分役を何人分か経験をしています。

剣心の仕事(暗殺)を見届ける役とは別に他愛もない世間話を振ったり、上役へ無礼を働いた時にフォローに回るなど、何かと世話好きな印象を受ける人物です。

剣心にとっても長州藩のリーダーである桂小五郎と共に、数少ない話相手の一人になっていました。

池田谷事件により、新選組に倒幕派の志士達が襲撃を受けた後、桂小五郎の命によって、剣心は京の片田舎に隠れ住むことになりますが、その時も連絡係になっています。

検分役としての適性なのか、何かと裏で動くのが得意な人物であったと言えると思います。

 

るろうに剣心The Beginningの飯塚は裏切者で最後は誰に暗殺された?

ここでは、映画「るろうに剣心」のThe Beginningで登場した飯塚について、彼は裏切者で結局最後は誰に暗殺されたのか紹介していきます。

原作を知らない方からすると、飯塚の裏切りというのは映画の中では割とサラっと流れてしまう一幕であったと思います。

実際に飯塚は誰の手によって消されたのでしょうか?

早速見ていきましょう。

 

剣心の後継者(志々雄真実)に暗殺された

実は幕府側の暗殺組織「闇乃武」と裏で繋がっていた飯塚ですが、最後にはその裏切りがバレてしまい暗殺されてしまいます。

その時に飯塚に仕向けられた刺客というのが、なんと映画「るろうに剣心」の第2、第3シリーズで敵役として出てきた「志々雄真実」だったのです。

闇乃武との激闘を経て、巴と一緒に住んでいた家に戻ってきていた剣心に対して、桂小五郎が以下のように語っていました。

■桂小五郎

・裏切者の飯塚の追手は、お前同様に腕の立つ奴に任せた。今後、暗殺はそいつに依頼することにする。

これが実は「志々雄真実」の事だったのですね。

第2、第3シリーズを観ていれば分かると思いますが、志々雄真実は剣心の事を「先輩」と呼んでいたシーンがありました。

これは幕末の時代に裏の人斬りの役割を剣心から引き継いだことを揶揄していたのですね。

作中でも剣心の後を継いだ暗殺者として描かれていました。

飯塚も「志々雄真実」に命を狙われては絶対に助からなかったでしょうね。

 

映画では暗殺シーンはカット

映画The Beginningでは、飯塚の暗殺シーンはカットされていましたが、原作コミックやアニメではそのシーンが描かれていました。

つまり、全身の大火傷を負う前の「志々雄真実」が描かれていたのです。

「志々雄真実」のキャストは藤原竜也さんでしたが、全身包帯グルグル巻きの姿のため、正直誰なのかよく分からなかったですよね(笑

そこで今回の映画The Beginningでは、飯塚の暗殺シーンで火傷を負う前の「志々雄真実」として藤原竜也さんが出演するかも? と思っていましたが、残念ながら出演はされていませんでした。

人気もある大物俳優さんですから、あまりのチョイ役での起用は難しかったのかもしれませんね。

裏切者である飯塚が「志々雄真実」によってどのように暗殺されたのか気になる方は、原作コミックかアニメをチェックしてみることをオススメします!

飯塚暗殺の時から、志々雄の必殺技である「 壱の秘剣・ 焔霊 (ほむらだま)」が炸裂していましたよ。

 


るろうに剣心The Beginningのキャストで飯塚は誰?裏切者で最後は誰に暗殺された・まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、映画「るろうに剣心」The Beginningの飯塚のキャストは誰だったのか、裏切者だった彼は最後は誰に暗殺されたについてまとめてきました。

映画「るろうに剣心」のThe Beginningから初登場となった飯塚のキャストは「大西信満」さんでしたね。

デビュー当時から優秀な賞を受賞している、実力派の俳優さんでしたね。

最終的に裏切者だった彼は最後は「志々雄真実」に暗殺されていたのでした。

残念ながらその暗殺シーンはカットされており、「志々雄真実」のキャストである藤原竜也さんは出演されていませんでしたね。

飯塚は脇役ではありますが、The Beginningのストーリー上は重要な人物となりますので、是非注目してもう一度観てみることをオススメします!