KPOP

虹プロのアヤカ個人レベルテストの曲は何?他のデビューメンバーの曲も紹介!

虹プロのアヤカ個人レベルテストの曲は何?他のデビューメンバーの曲も紹介!

Pocket

2020年の2月から始動した「世界で活躍できる新しいガールズグループ」を作るというコンセプトのグローバル・オーディション企画「Nizi Project」。(通称:虹プロ)

このオーディションから9人のメンバーが選出され「NiziU」が誕生しましたね。

そのメンバーの一人であるアヤカさんですが、虹プロの韓国合宿の個人レベルテストで披露したパフォーマンスが当時、可愛すぎると話題を呼びました。

そこで今回は、虹プロのアヤカさんの個人レベルテストの曲に関してまとめていきたいと思います。

また、アヤカさん以外のNiziUデビューメンバーの個人レベルテストに関しても、やはり当時から高評価なものでした。

アヤカさん以外のメンバーの曲も併せてまとめていきたいと思います。

それでは、虹プロのアヤカさんの個人レベルテストの曲、見ていきましょう!

 


虹プロのアヤカの個人レベルテストの曲は何?

ここでは、虹プロの韓国合宿で行った個人レベルテストで、アヤカさんが披露したパフォーマンスに関してまとめていきたいと思います。

当時の虹プロを見ていた方々で、この個人レベルテストのパフォーマンスからアヤカさん推しになった方も多いのではないでしょうか?

この個人レベルテストを皮切りにアヤカさんの持っていた才能が開花し始めていきましたね。

以下の3つの項目からまとめていきたいと思います。

【アヤカ】個人レベルテストまとめ
  • 曲はTWICEの「Precious Love」
  • 溢れるスター性でJ.Y.Parkのみならずメンバー全員を魅了
  • 個人レベルテストの虹キューブを獲得

 

曲はTWICEの「Precious Love」

(動画引用元:JYP Entertainment 公式youtubeチャンネル)

個人レベルテストでアヤカさんが披露した曲はTWICEの「Precious Love」でした。

TWICEはNiziUと同じJYPエンターテインメント所属の先輩ガールズグループですね。

この曲は2016年4月25日に発売されたTWICEの2ndミニアルバム「PAGE TWO」に収録されています。

 

虹プロのアヤカ個人レベルテストの曲は何?他のデビューメンバーの曲も紹介!

Precious Love

収録アルバム: PAGE TWO

この曲は大切な愛(=Precious Love)というだけあって、恋愛ソングになっています。

女の子が主人公の曲で、かつて付き合っていた彼に対する求愛の歌詞が印象的です。

どうやら女の子の方が原因(振ってしまった?)で分かれることになったのですが、それが間違いだった、私の元へ戻ってきて欲しい、ともう一度愛を訴えるような形になっていますね。

曲調に関しても淡い乙女心を表現しているかのような愛らしい曲調になっています。

TWICEの曲の中でも人気のある曲ですので、是非一度、本人たちの曲も聴いてみて下さいね。

 

溢れるスター性でJ.Y.Parkのみならずメンバー全員を魅了

(動画引用元:JYP Entertainment 公式youtubeチャンネル)

こちらの動画の6分くらいからが、個人レベルテストでのアヤカさんのパフォーマンスです。

いつも自然体で可愛らしいアヤカさんらしく、曲の世界観にもすごくマッチしていると思いませんか?

総合プロデューサーであるJ.Y.Parkさんもパフォーマンスが始まってからずっとニコニコと笑顔が止まらず、アヤカさんの魅力にメロメロになってしまっている感じです(笑

虹プロを見ていた方は分かるかもしれませんが、J.Y.Parkさんは 候補生達のパフォーマンスを見る時には、基本的に自分の感情をあまり隠しません。

目の前の候補生が素晴らしいパフォーマンスを行っている時は、それに夢中になりJ.Y.Parkさん自身がとても良い印象をもっていることが分かるのですね。

一方、あまり良いパフォーマンスではなかった場合、基本的に笑みはなく、難しい顔をしていることが多いです(笑

このことからも、このアヤカさんの個人レベルテストの時のJ.Y.Parkさんは、アヤカさんの虜になっていたと言っても過言ではないでしょう。

そしてこの時のアヤカさんのパフォーマンスで凄かったのが、J.Y.Parkさんだけではなく、一緒に見ていた他の候補生たちすらも笑顔にしてしまった事です。

ステージ上でアヤカさんならではの世界観で「Precious Love」を披露している姿を見ていた他の候補生が「アヤカ可愛い~」といったリアクションを取っていました。

極め付きは、1分50秒前後でアヤカさんがウィンクをするところですね。

そのウィンクのパフォーマンスを見た候補生、特にニナさんがアヤカさんが可愛すぎて参ってしまっているのが分かると思います(笑

虹プロの候補生たちはみんなが仲が良かったことは有名な話ですが、それを差し置いても他の候補生までを笑顔にしてしまうアヤカさんのスター性が輝いたパフォーマンスでした。

この個人レベルテストの「Precious Love」でアヤカさんのファンになった人も多いのではないでしょうか。

 

個人レベルテストの虹キューブを獲得

この個人レベルテストの「Precious Love」のパフォーマンスで、アヤカさんは見事虹キューブを獲得しました。

その時のJ.Y.Parkさんの評価が以下となります。

■J.Y.Parkさんの評価

最初の振り付けをした時にすごく驚きました。動作に荒っぽさが無くなっていたからです。

今日のパフォーマンスを見ると、ダンスも歌もまた東京合宿の時より成長しました。

僕はアヤカさんが本当に頑張れば成長できると思います。

他の方が見たら違いが分からないかもしれませんが、僕が見る限りこの一ヵ月、ものすごく頑張って努力した人に見えます。

アヤカさんは元々、ダンスも歌もレベルがそこまで高くなく、持ち前のスター性から虹プロのオーディションに受かっていました。

東京合宿の時もダンスと歌のレベルアップが必須と言われていた中で、しっかりと努力と成長を見せることができたテストだったんですね。

このパフォーマンスの後すぐに虹キューブをもらえたワケではありませんでしたが、個人レベルテストでは総合順位9位で、追加キューブという形で獲得をしています。

この個人レベルテストを経て、アヤカさんの才能が開花し始めました。

ここからNiziUデビューへのサクセスストーリーが始まったのですね。

 

虹プロのアヤカ以外のデビューメンバーの個人レベルテストの曲は?

ここでは、先ほど紹介してきたアヤカ以外のNiziUデビューメンバーの個人レベルテストに関してまとめていきたいと思います。

さすがにNiziUデビューメンバーというべきか、それぞれのメンバーがこの時からその才覚を世に知らしめていましたね。

個人レベルテストでの各課題曲や、J.Y.Parkさんからの評価などを紹介していきます。

それでは見ていきましょう!

 

ミイヒはWonder Girlsの「Nobody」

ミイヒさんが選曲した課題曲は、Wonder Girlsの「Nobody」でした。

このパフォーマンスもメチャクチャやばかったですね(笑

当時15歳の少女が歌っていたとは思えないほど、鳥肌物のパフォーマンスでした!

パフォーマンス終了後、J.Y.Parkさんも以下のように評価/コメントをしています。

■J.Y.Parkさんの評価

もう終わりですか?残念、あっという間に終わってしまいました。

歌い始めた時からもうキューブをあげようと、その後にミスをしてもキューブをあげようと思っていました。

ダンスも歌も完ぺきだったし感情もしっかりと伝わってきました。

練習生として評価するべきか、歌手として評価するべきかわからないくらいです。

ミイヒさんのパフォーマンスが始まってすぐ、J.Y.Parkさんは「うますぎる・・」と笑っていましたね。

その後も時間を忘れてしまったかのように、ミイヒさんのパフォーマンスに見入っていました。

文句なしの満場一致でその場でキューブを貰っていましたね。

そしてミイヒさんは今回の個人レベルテストで初めて、全体一位の順位を獲得することになります。

それくらい、本当に素晴らしいパフォーマンスでした。

 

マコはSunmiの「24 hours」

マコさんの個人レベルテストの課題曲は、Sunmiの「24 hours」でした。

ここまでマコさんはその圧倒的なダンスや歌の実力で常に1位の座に君臨し続けてきていました。

また、どちらかというとパワフルなダンスを見せてきたことが多かった為、この時の曲のような柔らかい女性らしい雰囲気を表現する曲は印象的でしたね。

J.Y.Parkさんも以下のように評価/コメントをしています。

■J.Y.Parkさんの評価

現在活動している他の女性歌手の中で、この振付をこんなにも力強く踊りながら、歌もここまで安定して歌える人が何人いるか・・・。

多くないと思います。

ダンスと歌の基本が、現在活動している歌手と比べても負けていないと思います。

さすがマコさんですね。

実際にパフォーマンスの動画を見てもらえテバわかると思いますが、この時から周りの候補生達とはレベルが頭一つ分くらい違う気がします(笑

やはり、NiziUのリーダーを務めているのは伊達ではないのですね!

 

リクはJ.Y.Parkの「Who’s your mama?(feats. Jessi)」

リクさんの個人レベルテストの課題曲は、J.Y.Parkさんの「Who’s your mama?(feats.jessi)でした。

もともと空手を習っていたこともあり、リクさんのこの時のイメージは真面目で凛とした感じの印象だったと思います。

ですが、この課題曲のイメージは遊び人のような、ちょっと軽いノリのキャラクターのイメージになります。

J.Y.Parkさんもパフォーマンス披露前にその事を気にしているようなコメント残していましたが、最終的な評価/コメントは以下でした。

■J.Y.Parkさんの評価

1ヵ月のトレーニングを受けた練習生に僕が期待できる最高のレベルです。

正直、期待をしていませんでした。フラフラした遊び人のような感じをダンスで表現できるかな?と思っていたからです。

今のリクさんは、ただの振り付けとしてそれを踊っているのではなく、雰囲気まで乗せることができている。

驚くべき成長です。

実はこの時、リハーサルの時点まで満足のいくパフォーマンスが出来ていなかったようなのです。

そんな中、見事本番でJ.Y.Parkさんの期待を上回る評価を得られたのがすごいですね。

リクさんはこの後も急激な成長と遂げて、なんとNiziUの選抜メンバーに全体2位で選ばれることになります。

特にダンスや歌の稽古などを過去に行ってこなかったリクさんですから、これは凄い快挙と言えますね!

 

マヤはmissAの「Touch」

マヤさんの個人レベルテストの課題曲は、missAの「Touch」でした。

マヤさんとこの曲の組み合わせはリクさんの時とは異なり、すごくマヤさんに似合う曲だと思う、とJ.Y.Parkさんも言ってたことが印象的でした。

パフォーマンス終了後、J.Y.Parkさんも以下のように評価/コメントをしています。

■J.Y.Parkさんの評価

演技力が本当に素晴らしい。

今日もその演技力のおかげで足りないところが全部みえません。

これは本当にマヤさんの長所だと思います。

東京合宿のころから、その演技力や表現力の高さを評価されていたのがマヤさんでしたね。

今回の個人レベルテストにおいても、その持ち前の演技力の高さを十分に発揮し、見事なパフォーマンスを披露して見せました。

この個人レベルテストの順位も全体4位と上位に食い込んでおり、その場でキューブを受け取っています。

この後マヤさんは、演技力にプラスして歌やダンスの実力も上げていき、続くチームバトルのミッションで全体一位の座を獲得するまでに至るのですね。

 

リマはJ.Y.Parkの「Honey」

リマさんの個人レベルテストの課題曲は、J.Y.Parkさんの「Honey」でした。

リマさんもリクさん同様、J.Y.Parkさんの曲を選択していました。

この曲も、雰囲気を掴んでうまく表現することが難しい曲と言われていたね。

また、リマさんの得意分野であるラップに対して、自作でラップパートを作り披露していたのがとても印象的でした。

J.Y.Parkさんも以下のように評価/コメントをしています。

■J.Y.Parkさんの評価

僕が皆さんに期待しているのはうまいか下手かではなく、どれだけ成長できるのか。

今回リマさんは今までしたことがないダンスと歌を披露したので、少し不安なところも見えます。

ただ、曲の雰囲気を分かっているので、今後色んなジャンルも上手にできそうです。

そして歌、ダンス、スター性も大事ですが、今リマさんは普段のリマさんを出せていました。

とても明るくて肩の力も抜けていて、普段のリマさんに見えます。本当に美しくて綺麗だと思います。

東京合宿でリマさんは、海外のアーティストなどの当たり前な表現はやめて欲しいとJ.Y.Parkさんに言われていました。

リマさんとしての自然体の姿を見せて欲しいということでしたが、今回の個人レベルテストで見事にそれが伝わり、パフォーマンスが上手にできたことよりも嬉しい一言を貰えたのですね。

J.Y.Parkさんからのその言葉により、リマさんが涙を流しており、とても感動的なシーンでしたね。

 

リオはYubinの「Lady」

リオさんの個人レベルテストの課題曲は、Yubinの「Lady」でした。

個人レベルテストのパフォーマンス披露のトップバッターを務めていたので、とても緊張していたと思います(笑

見た目はまだ子供で、でも事もっぽく見せたくない、ダンスで大人の雰囲気を出せるようにしたいというのが、この曲の選曲理由でした。

パフォーマンスが始まる前に、ステージ上にいるリオさんのことをジッと見つめて、「とっても綺麗です」と言っていたJ.Y.Parkさんが面白かったですね(笑

そんなJ.Y.Parkさんの評価/コメントは以下となります。

■J.Y.Parkさんの評価

自分で着飾ってこのようなステージに立っている姿が不自然じゃない。

「そう、私はこのために生まれてきた」そう思っているように見えました。

本当にダンスに関しては指摘することがないくらい、完璧。

しかし、音程がまだとても不安定です。

リオさんの次の評価の時は歌の音程がどれだけ安定したかを見ていきたいと思います。

J.Y.Parkさんのコメント通り、トップパッターであったのにも関わらず、とても堂々とパフォーマンスをしていましたよね。

そして、ダンスに関してはもう指摘することがないくらいのレベルに達していたようです。

ですが、この辺りからリオさんの課題として歌唱力が付いて回ることになります。

ある意味、ダンスに関してはもう申し分なし、あとは歌をレベルを上げることでデビューへの道が切り開く、といった形で分かりやすくもなっていましたね。

それほどまでに、リオさんのダンスの実力というのは、当時ずば抜けていました。

 

ニナはCharile Puthの「Attention」

ニナさんの個人レベルテストの課題曲は、Charile Puthの「Attention」でした。

東京合宿を経て、ニナさんの歌唱力の高さは候補生の中でもトップクラスでしたよね。

そのことを加味してか、J.Y.Parkさんもパフォーマンス披露前のコメントで「この曲を上手に歌えれば、自分の声を繊細にコントロールできることを証明できて、ボーカルとしては短所がないと言える曲です。」と言っていました。

ニナさんにとってはハードルが上がってしまう形となりましたが、結果のJ.Y.Parkさんの評価/コメントは以下となります。

■J.Y.Parkさんの評価

14歳(当時)なのにここまでのレベルという事は本当に有り得ないこと。

でも大事なポイントを逃しているし、リズム感が全然良くなかった。

ニナさんが歌が上手なのはわかっているので、歌唱力を見せるのではなく、その曲の味・雰囲気・特徴を最大限生かすことを考えて歌うことがこれからの成長のポイント。

期待が大きすぎたせいか、少し残念なステージでした。

個人的には「うそでしょっ?」というくらい酷評でしたね(笑

当時14歳ということを考えると、ここまでの歌唱力があることは末恐ろしい気がします。

逆にとらえれば、J.Y.Parkさんもニナさんに期待していたということにもなりますよね。

今ではNiziUのメインボーカルの一人として活躍しているニナさんですから、その期待に見事答えられたと言えるでしょう。

 

マユカはWonder Girlsの「Like This」

マユカさんの個人レベルテストの課題曲は 、Wonder Girlsの「Like This」でした。

この曲は「楽しくて喜びを感じてる姿」を表現できている必要があるようです。

動画を見て頂ければわかると思いますが、自信たっぷりにパフォーマンスしないといけないのですが、どこか見ている側にも不安が伝わってくる感じになっています。

パフォーマンス終了後のJ.Y.Parkさんの評価/コメントは以下となります。

■J.Y.Parkさんの評価

マユカさんはこのステージに馴染んでいません。別々です。

自分の実力に対する自信はどれくらいですか?正直に。ステージが思うようにいかなかった一番の大きな理由は、マユカさんがまだ自分自身をアマチュアだと思っているからだと思います。

実力の差ではなく、考え方の違いだと思います。

歌もダンスも下手ではなかったです。

このパフォーマンスでマユカさんは全体8位で追加キューブを獲得しています。

マユカさん自身、この後のチームバトルミッションでも、歌もダンスのレベルも高いのに上手く見えない、目立っていないのが問題だ、とJ.Y.Parkさんに指摘を受けています。

本当に、自分自身の中での考え方の意識の問題だったのですね。

最終的には自分の殻を打ち破ることができ、見事にその才能を開花させます。

今ではNiziUのカメレオン(七変化)の二つ名に恥じない活躍っぷりですよね。

そんなマユカさんにも、こんな時期があったのかと思うと感慨深いものがありますね(笑

 


虹プロのアヤカ個人レベルテストの曲は何?・まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、 虹プロのアヤカさんの個人レベルテストの曲に関してまとめてきました。

アヤカさんが披露した曲はTWICEの「Precious Love」という曲でしたね。

その持ち前のスター性に違わぬ魅力で、J.Y.Parkさんのみならず他の候補生全員も虜にするかのようなパフォーマンスでした!

また、アヤカさん以外のNiziUメンバーに関しても、虹プロの個人レベルテストの課題曲をまとめてきました。

それぞれのメンバーごとに、その才能の片鱗が見えていたことが分かりますよね。

今見てもとても魅力的だったのではないでしょうか?(笑

今後のNiziUの活躍に期待していきましょう。