芸能

新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?年俸推移やタイトルが凄すぎる?

新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?年俸推移やタイトルが凄すぎる?

Pocket

今回は『新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?年俸推移やタイトルが凄すぎる?』に関して紹介していきます。

新庄剛志さんが日ハムの新監督に就任し、ビックボスの呼び名で話題になっていますね。

そんな新庄剛志さんの現役当時の事を知らない人も多いのではないでしょうか?

この記事で分かること
  • 新庄剛志の成績はメジャーではどうだったか?
  • 新庄剛志の年俸推移は?
  • 新庄剛志がメジャーで獲得したタイトルは?
ゴロー
ゴロー
今の若い世代は新庄剛志監督のことを知らない人も多いよね。
モグラ博士
モグラ博士
現役時代の成績や年俸、取得タイトルを振り返ってみるよ。

それでは『新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?年俸推移やタイトルが凄すぎる?』と題して見ていきましょう。

 


新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?実はそんなに凄くない?

ここでは新庄剛志さんの現役時代の成績に関して振り返ってみたいと思います。

実はメジャーリーグまで行っていたんですね。

その時の成績はどのような感じだったのでしょうか?

それでは見ていきましょう。

 

新庄剛志の通算成績

新庄剛志さんは1989年にドラフト5位で阪神タイガースに入団しました。

1990年までは一軍での出場はなく、1991年から通算成績の記録があります。

所属球団は以下のようになっていました。

  • 1989年~2000年まで阪神タイガース
  • 2001年~2003年までメジャーリーグ(メッツ、ジャイアンツ)
  • 2004年~2006年まで日本ハムファイターズ

それぞれの球団時代の成績をまとめて見ていきましょう。

 

阪神タイガース時代

年代 打率 安打 本塁打 打点 盗塁 年齢
1991年 .118 2 0 1 0 19
1992年 .278 98 11 46 5 20
1993年 .257 105 23 62 13 21
1994年 .251 117 17 68 7 22
1995年 .225 70 7 37 6 23
1996年 .238 97 19 66 2 24
1997年 .232 112 20 68 8 25
1998年 .222 92 6 27 1 26
1999年 .255 120 14 58 8 27
2000年 .278 142 28 85 15 28

 

メジャーリーグ時代(メッツ・ジャイアンツ)

  • 2001年:ニューヨーク・メッツ
  • 2002年:サンフランシスコ・ジャイアンツ
  • 2003年:ニューヨーク・メッツ
年代 打率 安打 本塁打 打点 盗塁 年齢
2001年 .268 107 10 56 4 29
2002年 .238 86 9 37 5 30
2003年 .193 22 1 7 0 31

 

日本ハムファイターズ時代

年代 打率 安打 本塁打 打点 盗塁 年齢
2004年 .298 150 24 79 1 32
2005年 .239 91 20 57 5 33
2006年 .258 113 16 62 2 34

 

メジャーを通して打率はそこまで高くない

一流打者は「打率3割、30本塁打、100打点」と言われています。

ですが、新庄剛志さんはこれらの数字を一度も達成したことがないのですね。

つまりは打率、打撃面での評価はそれほど高くなかったようです。

新庄剛志は一流打者の証「打率3割、30本塁打、100打点」は一度も達成していない。

ただし打率2割強は常にキープしているので、そこそこ打ってくれる打者、という感じですね。

一応はクリーンアップを任せられる程度の打力でした。

モグラ博士
モグラ博士
新庄の本当の強みは守備力の高さだよ。

 

守備力はイチロー以上とも言われている

打率はそこそこなのに対し、守備については当時の球界トップクラスと言われていました。

外野の要としてどこのチームからも欲しいと言われるほどの選手だったのですね。

特に肩の強さが際立っており、外野で捕球し、一気にバックホームまでの送球は「レーザービーム」言われていました。

塁に出ているのが俊足の走者だったとしても、容易にホームに生還できないと恐れられていましたね。

よくイチロー選手と比べられていましたが、守備に関しては勝るとも劣らないと言われていました。

一部の野球ファンからは、守備だけはイチローよりも上手いと言わしめています。

ゴロー
ゴロー
確かに凄い肩だね。捕球から送球までに無駄がない(笑

 


新庄剛志のメジャーでの年俸推移や取得タイトルが凄すぎる?

ここでは新庄剛志さんのメジャーでの年俸推移や取得タイトルに関して見ていきたいと思います。

やはりメジャーリーグともなると年俸も跳ね上がるのでしょうか?

メジャーリーグでも注目されていた選手でしたので、取得したタイトルも気になりますね。

それでは見ていきましょう。

 

新庄剛志の年俸推移

新庄剛志さんの年俸推移を所属球団ごとにまとめてみました。

一番長く所属した阪神タイガースや、その後のメジャーリーグ。

そして帰国後の日本ハムファイターズでの年俸推移はどのような感じだったのでしょうか?

 

阪神タイガース時代

年代 年俸 年齢
1989年 3700万円(契約金) 17
1990年 360万円 18
1991年 400万円 19
1992年 460万円 20
1993年 2200万円 21
1994年 4300万円 22
1995年 5500万円 23
1996年 4900万円 24
1997年 5700万円 25
1998年 7300万円 26
1999年 6200万年 27
2000年 7800万円 28

今でこそ一流選手ともなれば日本のプロ野球でも1億円の年俸を超える選手はいますね。

ですが新庄剛志さんは一番長く所属した阪神タイガースで、年俸1億円を超えなかったようです。

 

メジャーリーグ時代(メッツ・ジャイアンツ)

  • 2001年:ニューヨーク・メッツ
  • 2002年:サンフランシスコ・ジャイアンツ
  • 2003年:ニューヨーク・メッツ
年代 年俸 年齢
2001年 50万ドル(約5000万円) 29
2002年 135万ドル(約1億3500万円) 30
2003年 60万ドル(約6000万円) 31

メジャーリーグ2年目のジャイアンツでは、年俸が倍以上に膨れ上がっていますね。

これは新庄剛志さんの話題性によるものだったと考えられます。

どうやらメジャーリーグでの日本人選手に対する評価は実力だけではないようでした。

メジャーリーグでは実力以外にも次のポイントがある模様。

  • グッズの売り上げ
  • 日本でのテレビ放映権
  • 日本ファンの動員数

 

日本ハムファイターズ時代

年代 年俸 年齢
2004年 1億3000万円 32
2005年 1億3000万円 33
2006年 2億2000万円 34

メジャーリーグから帰国して日本ハムファイターズに所属したときは、年俸が倍近くまで増えていますね。

これもやはりメジャーリーグでの活躍による話題性が大きく影響したと考えられます。

最高の年俸額である2006年には、見事、日本ハムファイターズを優勝に導いているのですね!

年齢的にもキャリア的にもピークなのに関わらず、素晴らしい実績です。

 

メジャーリーグで取得したタイトル

新庄剛志さんはメジャーリーグで以下のタイトルを取得していました。

取得したタイトル
  • Topps ルーキーオールスターチーム (外野手部門:2001年)
  • Baseball Digest ルーキーオールスターチーム (外野手部門:2001年)
  • ジョン・J・マーフィー賞 (2001年)

Toppsルーキーオールスターチームは別名「新人ベストナイン」と呼ばれるようです。

選出対象は新人の選手であり、ポジションごとに各球団の監督の投票により選ばれます。

Baseball Digestは世界で最も長く発行され続けている野球雑誌と言われていますね。

これらの中で「外野手」として2001年に選出されていました!

やはり、守備に関しては日本でもトップクラス、世界でも通用する実力だったようです。

 


新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?年俸推移やタイトルが凄すぎる・まとめ

今回は『新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?年俸推移やタイトルが凄すぎる?』と題してまとめてきました。

最後にもう一度振り返っておきましょう。

まとめ

■新庄剛志の成績はメジャーではどうだったか?

  • 日本での成績は打率よりも守備が優秀
  • メジャーリーグでも変わらぬ成績を収めている

■新庄剛志の年俸推移は?

  • 一番長く所属した阪神タイガースでは1億円の年俸に届かず
  • メジャーリーグでは2年目に3倍に年俸が膨らむ
  • 帰国後はメジャーに行く前の倍の年俸になった

■新庄剛志がメジャーで獲得したタイトルは?

  • 外野手として2001年にルーキーオールスターに選出されている

それでは『新庄剛志の成績はメジャーではどうだった?年俸推移やタイトルが凄すぎる?』を最後までお読みいただき、有難うございました。