真犯人フラグ

真犯人フラグ最後の箱の中身は相良篤人?第1話の考察とネタバレ伏線まとめ!

真犯人フラグ第1話の考察とネタバレ伏線まとめ!ラストの箱の中身は相良篤人?

Pocket

2021年10月10日(日)に「真犯人フラグ」の第1話が放送されました。

今回は「真犯人フラグ」の第1話の考察とネタバレ伏線に関してまとめていきたいと思います。

この記事で分かること
  • 「真犯人フラグ」第1話で張られた伏線まとめと考察
  • 「真犯人フラグ」第1話の感想
  • 「真犯人フラグ」第2話のあらすじと予想

それでは『真犯人フラグ最後の箱の中身は相良篤人?第1話の考察とネタバレ伏線まとめ!』と題して見ていきましょう!

 

真犯人フラグの動画を無料で見る方法は?9tsu・pandora・dailymotionでは見れる?
真犯人フラグ動画フルを無料視聴する方法3選!9tsu・pandora・dailymotionで見れる? 2021年10月10日(日)から新日曜ドラマ「真犯人フラグ」がスタートしますね! 今回はドラマ「真犯人フラグ」の動画フルを...

 


真犯人フラグの最後の箱の中身は相良篤人だった?第1話の考察とネタバレ伏線を紹介!

ここでは、「真犯人フラグ」の第1話で張られていたネタバレ伏線のまとめと、その考察についてまとめていきたいと思います。

第1話から怒涛の伏線祭りでしたね。

今後全てか回収されるのかは分かりませんが、一通り見ていきましょう。

 

住愛ホームの林洋一と相良真帆の関係

相良家一同で建設中のマイホームの見学にきていたシーンがありました。

そこで家族で記念写真を撮ることになったのですが、凌介が住愛ホームの林洋一も一緒に撮ろうと言います。

その後、凌介が真帆に対して「林さんも一緒に撮って良いよね?」と尋ねたところ、真帆が「もちろん、良いよ」と言うまでにあからさまな間がありました。

このシーンから、もしかすると住愛ホームの林洋一と真帆との間に何かあったのでは?という伏線が張られたと考えられます。

またこのシーンの少し前に、住愛ホームの林洋一が凌介に対して「結婚を決めた」という話をしています。

結婚相手などは言及していませんでしたが、仲の良い相良家の家族を見ていて決めた、というのが理由でした。

真帆との駆け落ち、というパターンも有り得るでしょうか?

 

猫おばさんの「何もないといいけどねぇ・・・」

同じく相良家一同で建設中のマイホームの見学をしている時に、建設中の家の前を猫おばさんが沢山の猫を連れて通りかかりました。

その時に、今度ここに引っ越してきます、と挨拶をしたところ、「何もないといいけどねぇ・・・」と意味深なことを言って去っていきました。

これもまた、あからさまに意味ありげなセリフを吐き捨てて去っていますが、何か意味はあるのでしょうか?

今後、もしかすると建設中の土地やその近所で事件があった、という形で回収がされるかもしれませんね。

 

凌介の職場デスクにあるキーホルダー「ヴィヨンの妻」

凌介の職場である「亀田運輸」での彼のデスクが何度か映されていました。

その際、キーホルダーで「ヴィヨンの妻」が映っていました。

ヴィヨンの妻は太宰治著書の小説であり、あらすじとしては以下の物語となっています。

ヴィヨンの妻・あらすじ

旦那が遊び人で奥さんと子供に貧しい生活をさせていました。

借金を返す当てもなく、奥さんが働き借金を返済していました。

しかし旦那はその間も盗みを働いたお金で遊んで暮らしていたのでした。

この行動に対して世間からは「人非人」であると言われ、新聞でもそのように報道されてしまうのでした。

※人非人とは、人の道を外れた人間の事を意味する。

以上が簡単なあらすじとなります。

この「ヴィヨンの妻」の物語に出てくる旦那と凌介の人柄は相反するものになっていますが、実は凌介には誰にも知られていない裏の顔がある?という伏線なのかもしれませんね。

 

缶ビールがなくなっていた

こちらは真帆と子供たちの失踪当日の夜のことです。

凌介が仕事から帰ってきて3人の不在を疑問に思いますが、映画を観に行ったと考え、ビールを飲もうと思いますが、空の段ボールしかありませんでした。

「扱い雑だなぁ」と愚痴をこぼす凌介は、このあと大学の同級生(日野)のお店に飲みに行くことにします。

この点に関して、もしかすると真帆、もしくは他の真犯人が凌介を外に出すために仕組んだ罠だった、とも考えられますね。

 

菱田朋子に電話をかけなかった

大学の同級生である日野のお店で飲んで帰ってきた凌介は、まだ帰ってきていない真帆と子供たちに対して、流石に危機感を覚えます。

そこで真帆の両親(館野志乃生)に電話をします。

実家には帰っていなかったことを知り、他に電話をかける人を探して、スマホの連絡帳を確認するシーンがあります。

ここで一瞬、「菱田朋子」のところで電話をかけようかどうしようか思案するようなシーンがありました。

結局凌介は、頭を抱えるような形で「菱田朋子」に電話をすることはありませんでした。

これはもしかすると、過去に凌介と朋子の間に何かあったのでは?と思わせる伏線だと考えられますね。

もちろん、既に0時を過ぎている深夜だったこともあり、電話することを躊躇った、とも考えられます。

 

子供の勉強机の椅子の位置が変わっている

こちらは非常に気づきにくいポイントになりますが、子供の勉強机の椅子の位置が微妙に変わっていた、という点です。

真帆と子供たちが失踪した日の夜の椅子の位置と、朝になってからの椅子の位置が微妙に違いました。

凌介が仕事から帰ってきて3人の不在を知り日野のお店に向かう、そこから帰ってくるまでの数時間の間に誰かが侵入したのでは?とも考えられますね。

しかしながら、非常に気づきにくい点であることから、もしかするとドラマ撮影時のミスなどの可能性もあります。

 

日野のお店への不可解な経路検索

凌介は日野のお店に行くために、スマホでお店の場所を経路検索するシーンがありました。

日野のお店は「神奈川県横浜市都筑区多田5-12-1」でしたが、凌介が検索していたのは「東京都世田谷区多田5-12-1」です。

“多田5-12-1″は同じ住所ですが、神奈川県横浜市と東京都世田谷区では場所が全然違いますね。

凌介は一体、世田谷区多田で一体何をしていたのでしょうか?

また不可解な点は以下もあります。

真帆と子供たちは映画を観に行ったものだと思い、真帆に「あんまり遅くならないようにね」とメッセージを送っていました。

その送信時刻は午後10時1分です。

その後、日野のお店に向かうために経路を検索した凌介は、「タクシーで10分ちょいか……」とつぶやいています。

凌介が日野のお店に到着した時刻は午後10時45分。

自宅からバーまで40分近くかかったことになりますが、この40分という時間は何を意味するのでしょうか?

凌介が真犯人であった場合、何かしらのアリバイ工作を講じていたという考察もありますが、ここは伏線回収がされるのを期待しましょう。

 

※2021年10月18日 追記

真犯人フラグの公式ツイッターから訂正のツイートが投稿されました。

どうやら日野のお店「バー」の住所が間違っていたようです!

しかしながら日野のお店までタクシーで10分のところを、40分近くかかっているという謎はそのまま据え置きとなっています。

運営が今回訂正のツイートをしたということは、このシーンが重要であるからとも考えられますね。

どうでもいいシーンであれば、そのままスルーしてしまう可能性もありますので。

引き続き、この点に関しては謎の伏線として残しておきましょう。

 

「木幡由美(バタコさん)」というクレーマー

亀田運輸への有名なクレーマーとして「木幡由美(バタコさん)」という人物が登場しました。

クレーマー対応として二宮瑞穂が対応するシーンがあったのですが、バタコさんからのクレーム内容が、

となりのマンションでの配達物を台車で運ぶ音がガタゴトとうるさい!

というものでした。

この時点では、荷物の「配達」なのか「集荷」なのかまでは分かりませんでしたが、これは衝撃のラストシーンに繋がっているのでは?と言われています。

※衝撃のラストシーンとは、亀田運輸に荷物が届き、その中に凌介の息子である篤人くんのような人影が見えたというシーンです。

バタコさんのクレーム内容は本当の事だとして(本当にガタゴトとうるさかった)、バタコさんのとなりのマンションで荷物の集荷をしており、その荷物が実はラストの亀田運輸に届いた荷物だったのでは?ということです。

この考察が正しいとすると、ラストに送られてきた荷物はバタコさんが住んでいるとなりのマンションから集荷されたと考えられます。

犯行現場や犯人特定に向けて大きなヒントになりそうですね。

 

サッカー教室での不審者情報

篤人くんが通うサッカー教室でGPS信号が発せられていることに気付き、凌介と真帆の父親(館野三郎)が施設に侵入するシーンがありました。

そこで凌介は、サッカー教室の講師をしている山田元哉に取り押さえられることになります。

その後、誤解を解いた凌介と真帆の父・三郎は、山田から「不審者が出るというから、パトロールをしていた」と聞かされます。

この”不審者”というのは今後、語られることはあるのでしょうか?

もしかすると、よくある話としてフェードアウトしてしまう可能性もありますね。

 

サッカー教室にGPS機とユニフォームの切れ端

凌介は息子・篤人くんのGPS信号を頼りにサッカー教室の施設に忍び込み、そこでGPS機とユニフォームの切れ端を発見します。

GPS機は篤人くんの物で間違いなさそうですが、ユニフォームの切れ端に関しては誰のものか定かにはなっていません。

この日、雨でサッカー教室はお休みになった、という連絡が真帆から凌介に連絡が入っていましたね。

コーチの山田元哉いわく、忘れ物を取りに篤人くんが来たという話でしたが、その時にGPS機を落としてしまったのでしょうか?

また、サッカー教室がお休みだったのにも関わらず、忘れ物を取りに来た、とはどういうことなのか?

疑問が尽きませんね。

このサッカー教室のくだりも伏線として回収されることを期待しましょう。

 

相良真帆は遅番ではなく早番だった

真帆はスーパーでパートとして働いていましたが、失踪当日は凌介には遅番であると伝えていたようです。

ですが、失踪後に凌介がスーパーの店長らしき人に事情を確認していると、真帆は早番だった、と言われてしまいます。

今までこのような間違いはなかったのに、おかしい・・という凌介のシーンでした。

ここでのポイントは、遅番だったのに早番に急に変わった、というワケではなく、元から早番だったということですね。

つまり、真帆は凌介に嘘を付いていた、ということになります。

なぜそんな嘘を付く必要があったのでしょうか?

 

謎の女「本木陽香」との遭遇

真帆と子供たち3人の失踪当日、家に帰る途中の凌介は謎の女「本木陽香」と遭遇します。

凌介はいきなり「先生!」と呼び止められて、「あの後らっきょ持って帰りました?」とワケの分からないことを言われてしまします。

その後、人違いだったということで解放される凌介ですが、実はここで、この二人の姿を盗撮していた人物がいるのでは?と言われています。

そして、この盗撮疑惑の男性が、ITベンチャー「プロキシマ」の代表である橘一星に似ていると言われているのです。(正確にはスマホが)

この謎の女「本木陽香」はその正体が徐々に明かされる、、、とされており、プロキシマの橘一星も事件のことを何か知っている、とされています。

もしかするとこの二人が裏で繋がっていて、凌介をハメようとしている、という可能性も考えられるのではないでしょうか?

 

真犯人フラグ第1話考察の感想と第2話あらすじ予想は?

ここでは、「真犯人フラグ」の第1話考察の感想と、第2話のあらすじ予想を紹介していきたいと思います。

第1話から衝撃の展開で、早くも次の第2話が待ちきれない人も多いのではないでしょうか?

今後の展開が非常に気になりますね。

 

第1話考察と感想

正直なところ、第1話から張られた伏線がとても多くて頭がパンクしそうでしたね(笑

そして第1話の見どころとしては、衝撃のラストシーンではないでしょうか?

「あな番」の時は殺人事件(交換殺人)が発生すると事前情報があったため、心の準備がある程度出来ていましたが、「真犯人フラグ」では妻と子供たちが”失踪する”とだけ言われていたため、ラストはちょっと油断していました。

まだラストの箱の中に入っていたのが、本当に篤人くんの死体だったのかどうかは分かっていませんが、まさか第1話からそのような展開になるとは、いい意味で予想を裏切られました。

SNSでの反応を見ていきましょう。

ラストシーンもそうですが、ドラマ全体の雰囲気や音楽、効果音などから「怖い」という感想が非常に多いですね。

あとはやはり「あな番」から見ている視聴者も多いようです。

 

第2話のあらすじ予想

『お探しのものです』と書かれた荷物が届いたことで、一気に警察が動きだし、犯人扱いされる凌介(西島秀俊)。荷物のことは発表されなかったものの、マスコミの取材攻勢は、激しくなる一方だった。情報番組では、日野(迫田孝也)のインタビューが流れる。凌介の家族仲が良かったなど好意的な話をするが、一部の発言だけが切り取られ、「家庭崩壊」、「DV夫」、「旦那サイコパス説」といった悪意ある憶測がネットで広まる。

※引用元:「真犯人フラグ」番組公式ページ

やはり一番気になるところとしては、「お探しのものです」とメモが書かれて送られてきた箱の中身ではないでしょうか?

番組公式ページで明かされている第2話のあらすじからは、恐らくは箱の中身は息子の篤人くんの遺体だったのではないかと予想できます。

その後、亀田運輸には警察などが出頭し、あのやる気のなかった阿久津刑事も再登場していました。

それにしては、主人公である凌介が平常を保てているな、とも思ってしまいます。

普通に出勤しているみたいですし、葬儀のシーンなどもないようでした。

もしかすると、箱の中身は篤人くんの模した人形などで、犯人からの脅しだった、という可能性もあるのではないでしょうか?

少なくとも第2話からは、職場の部下である二宮瑞穂と共に事件の真相に迫っていくのだと思います。

次回放送は10月17日(日)22時30分からとなっています。

 


真犯人フラグ最後の箱の中身は相良篤人?第1話の考察とネタバレ伏線・まとめ

今回は『真犯人フラグ最後の箱の中身は相良篤人?第1話の考察とネタバレ伏線まとめ!』と題してまとめてきました。

真犯人フラグ第1話の考察ネタバレ伏線のまとめとしては、合計で12個をピックアップして紹介してきました。

第1話から盛りだくさんの伏線でしたね。

この中から物語の伏線として回収されるのはどれでしょうかね?

そして第1話の感想としては、やはり衝撃のラストシーンが忘れられません。

続きの第2話のあらすじ予測としては、ポイントは第1話のラストの続きからの息子・篤人くんの安否でしたね。

第2話冒頭からその真実は明かされると思いますので、注目していきましょう!