Youtuber

らーくんの炎上騒動をまとめて紹介!やらせについても徹底調査!

らーくんの炎上騒動をまとめて紹介!やらせについても徹底調査!

Pocket

らーくんという「歌い手」のYoutuberの方をご存知でしょうか?

歌い手として活動をされていますが、過激な動画が多いことからも「炎上」や「やらせ」などを疑う声も沢山あるようですね。

この記事で分かること
  • らーくんの過去の炎上騒動は何があった?
  • らーくんの動画はやらせなの?
ゴロー
ゴロー
動画は確かに過激な内容が多いけど、それが人気の秘密でもあるみたいだね
モグラ博士
モグラ博士
過去に何回か炎上もしているみたいだよ

それでは『らーくんの炎上騒動をまとめて紹介!やらせについても徹底調査!』と題して見ていきましょう。

 


らーくんの過去の炎上騒動とは?

何かと炎上騒動の多いらーくんですが、

以下3つの炎上に関して紹介していきたいと思います。

  1. ワンマンライブでの炎上
  2. ポケカメンさんとの訴訟問題
  3. まりにゃさんとの炎上騒動

 

ワンマンライブでの炎上

らーくんは2018年1月6日にワンマンライブを企画していました。

結果的にですが、チケットの売れ行きが悪くライブは中止になっています。

その際、ツイキャス配信者の方々をゲストとして呼んでいたのですが、

そのゲストの方々と騒動が起こってしまい、炎上に発展してしまったようですね。

以下に当時の経緯をまとめました。

ワンマンライブの炎上経緯
  • ワンマンライブを主催し、ゲストとしてツイキャス配信者を数人呼ぶ
  • 会場のキャパは150人に対してチケットは40枚弱しか売れず
  • 赤字が確定してしまったため、ライブの中止を決意
  • 呼ぶ予定だったゲストのツイキャス配信者をLINEグループから全員削除
  • 今回、集客できなかった理由はゲストがショボい、役立たずなどの暴言を吐く
  • ライブのゲストやチケットを買ってくれたお客さんへの返金に関する発言は何もなし

この経緯だけを見てみると、確かに炎上してもおかしくないくらい、ちょっと酷いですよね。

しかし、らーくんはこの件に関しては自身のYoutubeチャンネルの動画で謝罪をしていました。

※現在はその動画は削除されていて見ることが出来ませんでした。

当時の動画で、暴言など吐いてしまった理由としては、

“チケットが売れなかった焦りから”

だとして、『この度は大変申し訳ありませんでした。』と謝罪をしていました。

人間誰しも、感情的になってしまうことはありますね。

ここでしっかりと謝罪ができているところが、らーくんの良さだと思います。

 

ポケカメンとの訴訟問題で炎上

2020年12月14日頃に、『ポケカメン』というYoutuberの方と問題が勃発していました。

こちらのポケカメンさんの動画投稿が事の発端だったようです。

以下の通り、経緯をまとめてみました。

ポケカメンとの炎上騒動 経緯
  • らーくんから『名前を出さないで欲しい』『弁護士を通して訴訟も考えている』とDMがある
  • ポケカメンが返信で応じるが、DMのやり取りの内容をらーくんがインスタに投稿する
  • これに対しらーくん側から謝罪、話し合いの場が欲しいと要求がくる
  • 以前にも揉め事があり、その時は第3者に仲介に入ってもらったにも関わらず暴言を吐かれた
  • そのこともあり、ポケカメンとしては裏ではなく配信上で話し合うことを提案
  • らーくんとしては配信上の話し合いは精神的にキツイため、裏で2人で話し合う事を提案
  • ポケカメンとしては裏で2人で話し合いができると思えず、配信上での話し合いを提案
  • 折り合いがつかない中で、らーくんがインスタで「弁護士をたてる」と投稿、DMにも応じなくなる

そもそものらーくんからDMが来た発端である『名前を出さないで欲しい』の意味ですが、

これは、ポケカメンさんが過去に配信されていた、

『オワコンだと思うYoutuber&歌い手凸待ち』

の動画が原因のようです。

※こちらの動画に関しては、現在は削除されています。

 

どういう内容かというと、

ポケカメンさんがリスナーから、オワコンになってしまったと思われるYoutuber&歌い手の方を調査する といったものです。

なんとこの時に、リスナーから歌い手としてらーくんの名前が挙がっており、本名が晒されていたのが問題だったのですね。

これが原因となり、らーくんがポケカメンさんを訴訟するような問題にまで発展してしまったのでした。

当時、精神状態が良くない語っていたらーくんですが、心無いリスナーの方から色々と叩かれていたのではないでしょうか。

 

この炎上騒動に関しては、こちらのツイートからも分かる通り、結果的には二人は和解されたようですね。

※ツイートは2022年1月1日のものです。

 

まりにゃとの炎上騒動

続いては2021年10月7日にコレコレさんの動画配信で明らかになった、まりにゃさんと言う女性との炎上騒動です。

※動画の45分20秒くらいからです。

内容の経緯としては以下となります。

まりにゃとの炎上 経緯
  • らーくんの動画撮影に協力した「まりにゃ」という21歳女性から相談
  • 『歌い手の飲み会』でらーくんと出会い、LINE交換をする
  • らーくんからyoutubeの動画の企画で「メンヘラ役」で出て欲しいと誘われる
  • 身バレする可能性から撮影は外ではなくホテルで撮っており、動画内容の打ち合わせからホテル内ですることに
  • 打ち合わせが終わったタイミングでまりにゃさんが襲われるという被害に

このコレコレさんの動画配信の内容に対して、後日(10月8日)にらーくんが謝罪動画をアップロードしていました。

結論としては、今回の炎上騒動はまりにゃという女性のハニートラップだったとのことです。

理由としては以下となります。

ハニートラップだったと言われる理由
  • 身バレの可能性からホテルでの撮影を要求したとあるが、撮影時はサングラスを付けているため身バレしたことは無い(ホテルの打ち合わせは嘘)
  • 無理矢理襲っていたら即警察に行くはずなのに、まりにゃはその後もらーくんと連絡を取り合っていた
  • らーくん自身も半年前のことで、記憶が曖昧なまま受け答えをしてしまった

以上のことから、まりにゃさんという女性と男女の関係になったことは事実だったようですが、

それはあくまで同意の上でだったようですね。

理由は定かではありませんが、まりにゃさんがらーくんを貶めるために仕組んだことだったのでしょうか・・。

いずれにせよ、らーくんとしては、今後このような騒動を起こさないように注意していきます、という意味を込めて謝罪動画をアップロードしていました。

 


らーくんの動画はやらせなのか徹底調査!

らーくんの動画ネタは「やらせ」である可能性も疑われているようです。

ここでは以下2点のやらせの可能性に関して調査をしてみました。

  1. メンヘラ女性動画のやらせの可能性
  2. 柚葉(ゆっくり茶番劇)と友達はやらせの可能性

 

メンヘラ女性動画のやらせの可能性

らーくんのYoutubeチャンネルでは、メンヘラの女性が家に凸してくるといった動画が人気です。

ですが、この『メンヘラ女性動画』に対してやらせやドッキリを疑う声も少なからずあるようでした。

メンヘラ女性が演技をしている可能性や、そもそも企画物でドッキリも兼ねて動画を取っている可能性はあるのでしょうか。

正確には、やらせやドッキリかどうかは分かりませんでした。

らーくんのメンヘラ女性動画はとても人気のコンテンツなので、

仮にやらせやドッキリだったとしても、逆にそのクオリティがすごいということになりますね!

 

柚葉(ゆっくり茶番劇)と友達はやらせの可能性

ゆっくり茶番劇の商標登録の件で大問題に発展した柚葉さんとらーくんは友達関係(自称)だと言われています。

これに対してもやらせを疑う声が沢山あるようでした。

そして柚葉さんの公式Twitterからも、らーくんとは友人関係ではないとツイートがされていました。

柚葉さん本人が違うと言っているので、これは本当にらーくんの自作自演(やらせ)な可能性が高いですね。

このゆっくり茶番劇の商標登録の事件に関しては、世間的にもかなり炎上していましたので、

らーくんとしてはその炎上騒ぎに便乗した形になるのではないでしょうか。

この辺りの真相に関しては、新たな情報が入り次第、追記していきたいと思います!

また、柚葉さんの情報に関しては以下の記事で紹介していますので、是非この機会にご確認下さい。

柚葉(ゆっくり茶番劇)とは誰?顔や本名、年齢などプロフィール紹介!
柚葉(ゆっくり茶番劇)とは誰?顔や本名、年齢などプロフィール紹介!『柚葉/Yuzuha』というYoutuberの方をご存知でしょうか? 現在、東方projectの上海アリス幻樂団によって製作された...

 


まとめ

今回は『らーくんの炎上騒動をまとめて紹介!やらせについても徹底調査!』と題してまとめてきました。

最後にもう一度振り返っておきましょう。

まとめ

■らーくんの過去の炎上騒動ってなに?

  • ワンマンライブでの炎上
  • ポケカメンとの訴訟問題で炎上
  • まりにゃとの炎上騒動

■らーくんはやらせなの?

  • メンヘラ女性動画のやらせの可能性がある
  • 柚葉(ゆっくり茶番劇)と友達はやらせの可能性がある

それでは最後までお読みいただき、有難うございました。