ドラマ

彼女はキレイだった(日本版)主題歌・オープニングテーマは誰が歌ってる?歌詞も紹介!

彼女はキレイだった(日本版)主題歌・オープニングテーマは誰が歌ってる?歌詞も紹介!

Pocket

2021年7月6日から放送開始されたドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)の主題歌とオープニングテーマは誰が歌っているのでしょうか?

通常の主題歌とは異なるオープニングテーマも流れていましたね。

今回はドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)の主題歌とオープニングテーマは誰が歌ってるのか、またその歌詞に関してまとめていきたいと思います。

歌詞については、ドラマに沿った内容になっているのか気になるところですね。

それでは見ていきましょう。

 


彼女はキレイだった(日本版)主題歌・オープニングテーマは誰が歌ってる?

ここでは、「彼女はキレイだった」(日本版) の主題歌とオープニングテーマは誰が歌ってるのかまとめていきたいと思います。

それぞれ誰が歌っているのか、またその動画など紹介していきます。

 

主題歌は「Sexy Zone」が担当

主題歌に関しては、ドラマの主演も務めている中島健人さんも所属しているジャニーズの「Sexy Zone」が担当しています。

Sexy Zoneのプロフィールに関して以下にまとめました。

■Sexy Zoneプロフィール

所属事務所 ジャニーズ事務所
メンバー 中島 健人(なかじま けんと)
菊池 風磨(きくち ふうま)
佐藤 勝利(さとう しょうり)
松島 聡(まつしま そう)
マリウス 葉(まりうす よう)
結成・デビュー 2011年9月29日
紅白歌合戦出場回数 6回
所属レコードレーベル Top J Records
ディスコグラフィ
シングル 21リリース
アルバム 9リリース(内ベスト盤 2)

Sexy Zoneは今年の2021年で結成10周年を迎える、ジャニーズの人気グループです。

グループ名の略称は「セクゾ」や「セクゾン」と言われていますね。

今回のドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)では、ダブル主演のうちの片方をメンバーの中島健人さんが務めます。

中島健人さんは「ケンティー(ケンティ)」の愛称でファンから親しまれ、Sexy Zoneのグループの中では王子様キャラで通っているようですね。

ドラマの役である「長谷部宗介」も、人気ファッション誌の出版社に勤める、ニューヨーク帰りの敏腕副編集長なので、中島健人さんのハマり役ではないでしょうか。

 

曲名は「夏のハイドレンジア」

「Sexy Zone」が担当する「彼女はキレイだった」(日本版)の主題歌は「夏のハイドレンジア」という曲名です。

2021年8月4日にシングルCDがリリースされています。

初回限定盤Aと初回限定盤B、通常盤の3形態となっているようですね。

今回のこの曲「夏のハイドレンジア」の作詞・作詞は秦 基博さんが務めています。

 

■秦 基博コメント

  • 『夏のハイドレンジア』、ドラマ『彼女はキレイだった』の主題歌ということで脚本を読ませていただいてから、この曲を作りました。
  • ハイドレンジア=西洋アジサイ。雨の中、季節を越えて懸命に咲く花のような「君」と、それを見つめる「僕」の想いを歌にしました。
  • そして、それがSexy Zoneの皆さんの歌声の重なりによって、真っ直ぐで、等身大のラブソングになっていると思います。
  • ドラマと共に、ぜひお楽しみください。

※引用元:秦 基博オフィシャルウェブサイト

曲名のハイドレンジアは“アジサイ”を意味するようですね。

夏のハイドレンジアなので、夏のアジサイでしょうか。

アジサイの花言葉としては、花の色が移り変わる様から「移り気」と言われているようです。

ドラマの内容としてはラブコメですが、ダブル主演である主人公2人の気持ちの変化を表している曲名になっているのかもしれませんね。

 

オープニングテーマは「AWESOME CITY CLUB」が担当

第1話で流れたオープニングテーマがありました。

そのオープニングテーマを担当していたのが「AWESOME CITY CLUB」でしたね。

「AWESOME CITY CLUB」のプロフィールを以下にまとめました。

■AWESOME CITY CLUB プロフィール

メンバー モリシー (Guitar/Synthesizer/Backing Vocal)
ユキエ (Drums)
atagi (Vocal/Guitar)
PORIN (Vocal/Synthesizer)
マツザカタクミ (Bass/Synthesizer/Rap)
バンド結成 2013年春
デビュー 2015年
所属レーベル CONNECTONE(コネクトーン) ※ビクターエンタテインメント

このバンドはベースのマツザカタクミさんを中心に結成、活動されているようですね。

バント名の由来としては、マツザカタクミさんが「City Club」というフレーズを思いつき、その後に語呂の良さから「Awesome」が頭に付けられて、今のバンド名に決まったと言われています。

AWESOME CITY CLUBは「架空の都市のサウンドトラックをやるバンド」をコンセプトに活動をしており、オシャレなサウンドが特徴的です。

 

曲名は「夏の午後はコバルト」

「AWESOME CITY CLUB」が担当する、ドラマ「彼女はキレイだった」のオープニングテーマの曲名は「夏の午後はコバルト」です。

この曲はドラマ「彼女はキレイだった」のために「AWESOME CITY CLUB」が書き下ろしています。

ドラマの内容をイメージした曲になっているようですね。

この「夏の午後はコバルト」の楽曲提供に際して、バンドメンバーからは以下のようにコメントをしています。

 

■AWESOME CITY CLUB メンバー コメント

  • タイトルに込められた思いとしては、”タイトルからぱっと情景が浮かぶものにしたく、前向きで明るい印象の言葉にしました”
  • メンバーから楽曲の聴きどころとしては”付かず離れずな男女のメロディラインにこだわりをもって作りました。曲の主人公の心情がどんどんと前向きに変化していく様を感じ取ってほしいです!”
  • このたびの楽曲起用に対しては”日々頑張っている人たちの背中をぐっと押せるよう、願いを込めて歌詞を書きました。自分たちも前向きになる明るい曲に挑戦したかったので、よい機会をいただけて感謝です!”

※引用元:skream!

楽曲自体は2021年7月6日に配信リリースされています。

また、MVに出演している女性は、4人組ダンスボーカルユニット「TEMPURA KIDZ」のメンバーの一人、「P→★」(ピー)でした。

この「TEMPURA KIDZ」はきゃりーぱみゅぱみゅのバックダンサーとして活躍していたメンバーが集まり、2013年にデビューしたダンスボーカルユニットです。

現在はユニットは解散しており、各メンバーそれぞれがソロ活動をしている状況のようですね。

 

彼女はキレイだった(日本版)主題歌・オープニングテーマの歌詞を紹介!

ここでは、ドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)の主題歌とオープニングテーマの歌詞を紹介していきたいと思います。

どちらの曲もこのドラマの為に作られた曲ですので、 歌詞の内容もドラマにリンクしているのではないでしょうか?

そのあたり見ていきましょう。

 

「夏のハイドレンジア」歌詞

■夏のハイドレンシア 歌詞

 

ハイドレンジア こぼれる 涙さえも綺麗だ

雨の街に咲く花 ヒロインなんだ 君は

 

泣き出した空を 見上げたまま

潤む瞳をごまかす君

 

差し出せる傘もない僕に

何が出来ると言うのだろう

 

まるで 時計の針 すれ違ってばかり

その笑顔が見たいのに 今

 

ハイドレンジア こぼれる 涙は 僕が拭おう

守りたいよ 小さな この温もり

晴れ渡るフィナーレへと 手を引いて連れていくから

どんな時も 輝くヒロインなんだ 君は

 

降りしきる 夏のいたずらに

顔を見合わせ 笑う ふたり

 

差し出せる傘もない僕と

一緒に濡れてくれる人だ

 

初めての恋が 初めての愛に

確かに変わっていく 今

 

ハイドレンジア 賭けてく 僕らを 雨が包んだ

許し合える ふたりなら 何があっても

出会えた日から僕の物語は始まった

君とともに 続きを 綴りたいんだ いいかい

 

ハイドレンジア そう 雨に綻ぶ 花に誓おう

守り抜くよ 重ねた この温もり

晴れ渡るフィナーレへと 手を引いて連れていくから

幾度 季節(とき)が 巡っても ヒロインなんだ

僕の最初で 最後のヒロインなんだ 君が

 

「夏の午後はコバルト」歌詞

■夏の午後はコバルト 歌詞

 

やけにしつこい 燃える陽射しに

今 打ちのめされそう

フィクションの街のはざまに

見つけ出した君の気配は特別だ

 

笑って誤魔化したって 感じる心

信じるままに生きたいの

全てはわたし次第

 

どこまでもいける 私を見つける

ありのままの歩幅で

失敗も間違いもさらけだしていたい

子供みたいになって笑う

夏の午後に夢見る

 

笑い飛ばされたって 素直な言葉

自由気ままに伝えたいの

イメージのその先へ

 

流した涙だって 優しい心

作りだしていく そう思うの

過ぎし日々美しく

 

ひと筋の光 コバルトを放ち

ありのままの心で

最高な幸せと見つめ合っていたい

子どもみたいになってはしゃぐ

夏の午後に輝く

 

どこまでもいける 私を見つける

ありのままの歩幅で

失敗も間違いもさらけだしていたい

子どもみたいになって笑う

夏の午後に夢見る

 


彼女はキレイだった(日本版)主題歌・オープニングテーマは誰が歌ってる?歌詞も紹介・まとめ

今回は、ドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)の主題歌とオープニングテーマは誰が歌ってるのか、またその曲の歌詞に関してまとめてきました。

誰が歌ってるのかに関しては、主題歌は「Sexy Zone」が担当しており、秦基博さんが作詞・作曲を行っていましたね。

オープニングテーマは「AWESOME CITY CLUB」が担当していました。

それぞれ歌詞の内容はドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)をイメージして作られていると言われています。

ダブル主演である長谷部宗介と佐藤愛の二人の心情を表しているのではないでしょうか?

そういった観点でドラマを見てみるのも面白いかもしれませんね!