ドラマ

彼女はキレイだった日本版と韓国版の違いはなに?キャスト比較まとめ!

彼女はキレイだった日本版と韓国版の違いはなに?キャスト比較まとめ!

Pocket

2021年7月6日から放送が開始されたドラマ「彼女はキレイだった」ですが、原作は韓国のドラマで日本版にリメイクされていますね。

「彼女はキレイだった」は韓国で大ヒットしたこともあり、日本でもファンの方が多かったですね。

ファンの方からすると韓国版と日本版とでどのような違いがあるのか、気になるところではないでしょうか?

特に原作の韓国版ではキャストが良かったと言われており、日本版のキャストとの比較も気になりますね。

この記事では韓国版と日本版の違いに関して、キャスト比較の観点からまとめていきたいと思います。

それでは見ていきましょう。

 


彼女はキレイだった日本版と韓国版の違いは?主要キャスト比較!

ここでは、ドラマ「彼女はキレイだった:の日本版と韓国版の違いに関して、主要キャストの比較から見ていきたいと思います。

主要キャストとしては以下の4名となります。

主要キャスト
  • パク・ソジュン(ソンジュン役)
  • ファン・ジョンウム(ヘジン役)
  • コ・ジュニ(ハリ役)
  • チェ・シウォン:(キム記者役)

日本版ではそれぞれ誰になったのか比較していきましょう。

 

パク・ソジュン(チ・ソンジュン)→中島健人(長谷部宗介)

パク・ソジュンが演じたアメリカ帰りのエリート副編集長のソンジュンですが、日本版ではSexy Zoneの「中島健人」さんになったようですね。

パク・ソジュンと言えば沼から抜け出せなくなる女性ファンも多く、186cmの高身長には似つかわしくない小顔のモデル俳優として有名です。

日本版でのキャストは同じくモデル系の俳優さんになるかと思っていましたが、中島健人さんはちょっと意外でした。

あくまでパク・ソジュンと比較をした場合の話ですが、同じ土俵で勝負をした場合、中島健人さんには少し荷が重いのではないでしょうか(笑

韓国版とは異なり、日本版では別物のエリート副編集長になりそうですね。

 

ファン・ジョンウム(キム・ヘジン)→小芝風花(佐藤愛)

ファン・ジョンウムが演じたキム・ヘジンの役は「小芝風花」さんになったようですね。

韓国ではキム・ヘジンという名前はごく一般的な名前のようで、日本版では佐藤愛といった、これまた一般的な名前になっています

ビジュアル的にはファン・ジョンウムと比較してもそれほど違和感が無く、ハマり役なのではないでしょうか!?

ですが、実際にドラマが始まって見てみると、小芝風花さんが演じる佐藤愛が小綺麗過ぎて評価が低いという状況になっているようですね。

韓国版のキム・ヘジンを演じたファン・ジョンウムは、オーバーリアクション気味の演技と、ボンバーヘアーにそばかす、赤い頬っぺと、なかなかに身体を張った演技をしていました。

その演技と比較すると、小芝風花さん演じる佐藤愛はダサくてドジっ子な演技がしきれていないと言われていますね。

これはキャスト本人の演技力というよりも、韓国と日本のドラマの方向性の違いな気もします。

ドラマの後半では生まれ変わる佐藤愛が登場する事と思いますが、一体どれほどのインパクトを与えてくれるのか楽しみですね。

 

コ・ジュニ(ミン・ハリ)→佐久間由衣(桐山梨沙)

ヘジンの親友の役だったミン・ハリを演じたコ・ジュニですが、日本版では「佐久間由衣」さんになったようです。

ミン・ハリもパク・ソジュン同様、とんでもないプロポーションの持ち主で、モデル出身なので身長も高く、スタイルも抜群で容姿も可愛いときています。

日本版ではこの役を見事に佐久間由衣さんが演じていますね!

ミン・ハリと同様、抜群のプロポーションを兼ね備えており、見た目は全く問題無しなのではないでしょうか?

一つ気になる点としては、ミン・ハリを演じたコ・ジュニの少しシリアスな切ない演出が出来るかという点だと思います。

コ・ジュニが演じたミン・ハリは「彼女はキレイだった」というドラマにおいて、非常に複雑で重要な役柄となっていたので、佐久間由衣さんの今後の演技に注目ですね。

 

チェ・シウォン(キム・シニョク)→赤楚衛二(樋口拓也)

色々な意味で人気のあるキム記者ことキム・シニョクを演じたチェ・シウォンですが、日本版では「赤楚衛二」さんでしたね。

ここのキャスティングは真逆になっているのが印象的です。

キム・シニョクを演じたチェ・シウォンですが、本人は俳優でもありながら男性アイドルグループに所属する歌手でもあります。

またドラマの中でも言われていますが、若干濃い顔をしていますね。

ヘジンの事をいつも気にかけており、「ジャクソン」とあだ名を付けて可愛がってもいます。

普段は飄々としていてお気楽なイメージがありますが、時にシリアスな謎めいた演出がポイントですね。

そんな絶大な人気を誇るキム・シニョクの役を演じる赤楚衛二さんですが、まず外見が全然違います(笑

爽やかなお兄さんという感じですよね。

恐らく日本版の「彼女はキレイだった」でも、赤楚衛二さん演じる樋口拓也にも”ある重要な秘密”があるハズなのですが、それをどのように演じるのかとても楽しみです。

 

彼女はキレイだった日本版と韓国版の違いは?サブキャスト比較!

ここでは、ドラマ「彼女はキレイだった」日本版と韓国版の違いに関して、サブのキャスト比較をまとめていきたいと思います。

主な登場人物として、「出版社/ザ・モスト編集部」のメンバーや、「キム家/佐藤家」の家族などがいますね。

それぞれ比較していきたいと思います。

 

出版社/ザ・モスト編集部

まずは「出版社/ザ・モスト編集部」のメンバーから見ていきたいと思います。

日本版で新規追加されているキャストもいるようですね。

一人ひとり見ていきましょう。

 

編集長→LiLiCo(池沢蘭子)

韓国版のザ・モスト編集部の編集長はキム・ララで、その役を演じたのはファン・ソクチョンでした。

日本版ではLiLiCoさんが池沢蘭子として演じるようですね。

あの有名なセリフ「ザ・モストらしくない」は言ってくれるのでしょうか。

 

チャディレクター→片瀬那奈(岡島唯子)

ザ・モスト編集部の頼れるチャディレクターですが、韓国版ではシン・ドンミが演じていましたね。

日本版では片瀬那奈さんがその役を演じるようです。

見た目や雰囲気などハマり役ではないでしょうか?

ドラマの役柄としての今後の活躍に期待ですね。

 

ブンホ記者→本多力(宮城文太)

ザ・モスト編集部の、こちらも頼れる先輩であるブンホ記者ですが、韓国版ではアン・セハが演じていたようです。

日本版では本多力さんが演じるようですね。

ブンホ記者にも、先ほど紹介したキム記者(キム・シニョク)同様、隠された秘密があるのですが、日本版ではそれがどのように明かされるのか楽しみですね!

 

ハンソル→宇垣美里(須田絵里花)/キム・ジュヌ→高橋優斗(里中純一)

ザ・モスト編集部のアシスタント役の2人ですね。

ハンソルを演じたのはシン・ヘソンで、キム・ジュヌを演じたのはパク・ユファンでしたね。

日本版ではそれぞれ、ハンソルの役を「宇垣美里」さん、キム・ジュヌの役を「高橋優斗」さん が演じるようです。

韓国版ではハンソルが、キム・ジュヌが出版社の社長の息子だと思い込み、猛烈なアプローチを仕掛けるシーンがありましたね。

日本版ではこの二人の関係はどうなるのでしょうか?

今後の展開に注目ですね。

 

木村祐一(岸田庸司)

芸人の「木村祐一」さんも岸田庸司役として出演されるようですね。

役柄としては日本版のオリジナルのものらしく、出版社本体の常務の役となっています。

つまり、韓国版でパク・ソジュンが電話で受け答えをしていたアメリカの重役の役柄なのではないかと推測ができるのではないでしょうか?

韓国版では顔が見えなかったので、日本版ではその役を木村祐一さんが担当すると考えられますね。

 

キム家/佐藤家

次に、韓国版でのキム家、日本版での佐藤家のキャストの比較をしていきたいと思います。

この家族構成は韓国版でも日本版でも同じ、父と母と妹の四人家族の構成となっていますね。

一人ずつ見ていきましょう。

 

父→菅原大吉(佐藤豊)

父親である佐藤豊を演じるのは「菅原大吉」さんのようですね。

韓国版ではパク・チョンソンが演じており、ヘジンの残念なほうの遺伝子が色濃く表れていました。

日本版でもその設定は変わってはおらず、愛は父親から残念な遺伝を受け継いでいる設定になっています。

 

母→松田陽子(佐藤明里)

母親である佐藤明里を演じるのは「松田陽子」さんのようです。

韓国版ではイ・イルファが演じており、父親とは異なりいわゆる綺麗な母親の役でしたね。

父親同様、その設定は日本版でも変わっておらず、愛は母親から美人の遺伝子を受け継いでいる設定ですが、父親の血の方が濃いようです。

 

妹→吉田莉桜(佐藤桃)

妹である佐藤桃の役を演じるのは「吉田莉桜」さんのようですね。

韓国版ではこの妹役はヘジンの幼少期の役と一緒に一人二役でチョン・ダビンが演じていました。

日本版では愛の幼少期の役は「白水ひより」さんが演じていましたが、妹の桃の役は吉田莉桜さんで別になっているようです。

物語上、ヘジンは幼少期は才色兼備でとても可愛らしい女の子だったため、妹はその頃のヘジンとそっくりな可愛い女の子である、という演出だったと考えられますね。

この一人二役は、これはこれで面白い演出だと思いましたが、日本版ではこの点は引き継がれなかったようです。

 


彼女はキレイだった日本版と韓国版の違いはなに?キャスト比較・まとめ

今回は、ドラマ「彼女はキレイだった」の日本版と韓国版の違いに関して、キャストの比較の面からまとめてきました。

日本版と韓国版の違いはキャスト比較の面で、見た目や雰囲気が引き継がれて似ている役もあれば、全然印象が異なる役もあるイメージでしたね。

日本版の「彼女はキレイだった」では、新規で追加されたキャストなどもいるため、日本オリジナルの要素なども出てきそうです。

今後どのような展開になっていくのか、韓国版とはどのような違いが出てくるのか楽しみですね。