ドラマ

彼女はキレイだった日本版5話のネタバレあらすじや感想!愛の変貌がヤバい!

彼女はキレイだった(日本版)5話のネタバレあらすじの徹底解説と感想!

Pocket

2021年8月10日(火)に放送されたドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)の第5話。

この記事では、ネタバレやあらすじの徹底解説と視聴者の感想をまとめていきたいと思います。

今回の第5話では、ラストに衝撃のシーンが展開されましたね!

それでは、ドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)の第5話のネタバレやあらすじの徹底解説、視聴者の感想を見ていきましょう。

 


彼女はキレイだった日本版5話のネタバレあらすじ

彼女はキレイだった(日本版)第5話のネタバレあらすじをpart1~5に分けてまとめていきたいと思います。

  • part1:出張から帰社~MOST新刊の作成
  • part2:MOST見本誌~ジェイムス・テイラーとのタイアップ(前編)
  • part3:ジェイムス・テイラーとのタイアップ(後編)~愛の解雇
  • part4:愛の退職願~MOST「童話企画」始動
  • part5:宗介の説得~生まれ変わった愛

それでは見ていきましょう!

 

part1:出張から帰社~MOST新刊の作成

出張先で愛が宗介に真実を打ち明けようとするが・・

出張先で愛が宗介に対して、自分が本当の「佐藤愛」だと打ち明けようとしますが、そのタイミングで樋口が出張先に現れてしまい、その告白を阻止する形になってしまいます。

愛「私、今何しようとした・・・?」

この時、二人のことが気になって急遽駆け付けた樋口も、愛と宗介二人の微妙な変化に少し勘づいているようでした

 

文講出版社 ザ・モスト編集部にて

「手紙が書きたくなる一人旅」の記事制作をしている時に、文字の色に関して愛に意見を求める宗介。

その時に「おい、佐藤!」と呼んだことに対して、周囲が驚いています。

樋口も愛と宗介の関係の変化が少し気になっているようです。

屋上で休憩中の愛のところに樋口が飲み物の差し入れを持ってきます。

そこで、出張先に樋口が到着した時に、愛が宗介に何かを言おうとしていた事を質問します。

それに対して愛は、「私が幼馴染の佐藤愛だ」と告白しようとしていました、と答えます。

また、樋口はここで宗介が佐藤愛だと思い込んでいるのは親友の桐山梨沙だという事を知ります。

事情を察してしまったような表情の樋口。

樋口「・・・まいったなぁ」

 

夜遅くまでオフィスで仕事をしている宗介のもとに、愛のフリをした梨沙から電話があります。

宗介の声が聞きたくて電話をしてしまった様子ですね。(宗介のことが本当に好きなようです)

その電話の後、梨沙の元カレ(?)が現れます。

そこで梨沙は「私はもう本当に好きな人としか会う気はないの。帰って」と気持ちを伝えます。

その場に丁度、愛が居合わせます。

梨沙に好きな人ができたことに対して安心したと喜んでいる愛。

愛に「私、応援するからね!」と言われ、とても複雑そうな表情の梨沙。。。

朝方までオフィスで仕事している宗介が、愛のデスクにある笑顔の玉ねぎを手に取り笑みを浮かべます。

 

part2:MOST見本誌~ジェイムス・テイラーとのタイアップ(前編)

MOSTの見本誌が届く

編集部のオフィスに届いた見本誌を運ぼうとしてよろめいてしまった愛を受け止める宗介のシーンから始まります。

ここで宗介が、この前の出張の時に愛が言いかけていたことを聞こうとしますが、里中が出社してきてしまい聞けずじまいとなります。

「手紙が書きたくなる一人旅」の記事のページをみて感動する愛に対して「お疲れ様」と労う岡島たち。

雑誌編集部のメンバーとして「佐藤愛」の名前が入っていることに感動する愛。

その日の夜に実家に立ち寄った愛だったが、MOSTの新刊を大量に買い込んでいる両親を目の当たりにします。

そこで、ライバル雑誌のルナの売れ行きが好調なことを知ります。

ルナは雑誌の表紙に韓国で絶大な人気を誇っているアイドルグループのバズを採用しているため、妹の桃曰く、学校の近くの本屋でも秒で売り切れるほどなのだとか・・。

 

岸田常務に呼び出される宗介

次の日の文講出版社にて、宗介が岸田常務に話しかけられるところに愛が居合わせます。

その後、岸田常務に呼び出された宗介は、MOSTの売れ行きに対して辛辣な評価を受けています。

岸田常務「この数字ではお話になりませんね。あと2号でルナを抜くのはほぼ不可能でしょう。廃刊の件、部員たちにも早く通達したほうが彼らも色々と準備ができるんじゃないですか?」

MOSTが廃刊になれば転職することになる、ということを言っているのですね。

これに対して宗介は「そんなことはさせません。次号のジェイムス・テイラーとのタイアップで必ず巻き返します」と啖呵を切ります。

岸田常務は検討を祈ると言い残し、その場を後にします。

夜遅くまでオフィスで仕事をしている宗介の元に、バイク便と夜食を届ける愛。

その愛に対して宗介は「あの時、何を言おうとしたの?」と問いかけます。

何でもないと誤魔化す愛に対して「言って。誤魔化されるのが一番嫌いなんだ」と詰め寄る宗介。

この宗介の真剣な態度に愛は「撮影が終わったらお時間頂けますか?」と返します。

宗介は「わかった」と返事をしますが、この会話をオフィスの外で樋口が聞いていました。

 

ランニングをしている梨沙と樋口

ランニングをしている公園で久しぶりに再会した梨沙と樋口。

自分がザ・モスト編集部の人間だということを名刺を渡して知らせる樋口。

樋口「世間は狭いっていうけどさ、さすがに狭すぎたよね」

ここで、本物の佐藤愛(つまり梨沙の親友のことですが)、その愛が宗介に自分が本当の佐藤愛だと
告白するつもりでいることを梨沙に打ち明けます。

その前に、愛にこれまでの梨沙と宗介のことを打ち明けた方がいいと助言をします。

樋口「それが一番、みんなの傷が浅く済む方法だと思うよ。今ならまだ間に合う」

ダメだと分かっていたのに、どうして好きになってしまったのか、と呟く梨沙。

そういう気持ちも正直に伝えたらいい、嘘が一番人を傷つけるよ、と諭す樋口。(樋口メチャクチャいいやつですね!)

 

ジェイムス・テイラーとのタイアップイベント(前編)

ここでも岸田常務に「せいぜい部員たちにいい思い出を作ってあげてください」と嫌味を言われる宗介。

ジェイムスの妻イザベラが出された水に対してキレます。

コンビニには置いていない水を所望しており困っている部員たち。

近くの輸入スーパーまで車で買いに行くことに。(水ごときで大騒ぎだな・・・)

 

仕事先のレストランで樋口に言われたことを思い返す梨沙。

 

再びジェイムス・テイラーとのタイアップイベント。

ここで宗介は愛に、ジェイムス側のスタイリストが戻るまでメインのドレスの管理を任せることにします。

ドレスに人が近づかないように見ているようにと頼みます。

そんな時、ドレスの傍で見張りをしている愛の元に着信メッセージが届きます。

梨沙「今夜何時頃帰れる?話があるの」

するとそこに警備員の人がやってきて、愛に「駐車場の車を動かしてもらえるか?」と苦情を言いにやってきます。

どうやら業者の車が通れなくて困っているので急いで動かして欲しいと言われ、しぶしぶその場を離れ、車を移動させることになるのですが・・・。

 

part3:ジェイムス・テイラーとのタイアップ(後編)~愛の解雇

メインドレスが破損してしまう

愛が車を移動させて戻ってくるとメインのドレスが倒れて破れており、イザベラが激怒しているのでした。(やっぱり・・笑)

この事態にジェイムスは今日のフィッティングは中止せざるを得ないと言ってきます。

妻のイザベラはタイアップは取りやめるとまで言い始めます。

宗介は挽回のチャンスが欲しいと、満足のいくページを作ると頭を下げます。

これに対しイザベラは、企画を続行するならミスした人間(つまり愛の事)を解雇しろと言ってきます。(メチャクチャだなこの人・・)

ジェイムスというよりもイザベラがご立腹になっており、その場はどうしようもない様子。

すると愛が「わかりました。大切なドレスを傷つけてしまった責任は、私にあります。服の管理すら満足にできない人間はここに居る資格はありません。辞めます」と言います。

そしてどうか許してほしいと頭を下げる愛。

これに対し、ジェイムスはまた日程を改めて撮影をすることを許可してくれました。

愛は、部員たちに対して「お世話になりました」と頭を下げて出ていってしまいます。

苦悶の表情でジェイムス達に有難うございます、という宗介と、愛の後を追う樋口。

 

出ていった愛を引き留める樋口。

樋口「ジャクソン一人が負う責任じゃない、おかしい!」

と言う樋口に対して、足を引っ張る人間は居てはいけないと言う愛。

愛「短い間でしたけど、楽しかったです。有難うございました」

と言い残し、その場を去っていってしまいました。

 

公園のブランコに乗って落ち込んでいる愛

そこに偶然、梨沙が通りかかります。

愛は事の顛末を説明し、ザ・モストを辞めることを伝えています。

最近、宗介にも認められていたような気がしていて、でもそれが勘違いだったと言う愛。

宗介に告白しなくてよかった、失望させてしまうところだった、と泣いている愛を抱きしめる梨沙。

会わなくなればもう悩まなくて済むと、やっと楽になれると泣いている愛。

愛「梨沙が居てくれてよかった・・」

 

そこで梨沙のほうにも話があるという事に気付いた愛でした。

ですが梨沙は「いつかちゃんと話す。必ず話す。愛ごめんね・・」

どうして謝るのか不思議そうな愛。

その後、自分の部屋で宗介の連絡先を消そうとしますが、消せない梨沙。

 

part4:愛の退職願~MOST「童話企画」始動

愛が退職願を提出

ザ・モスト編集部のオフィスでは愛の荷物がまとめられており、どうやら総務部に退職願を提出したようです。

ドレスをダメにしたのは、イタリア側の若いアシスタントの人だったとのこと。

愛がいなくなったことで活気がなくなり、どこか落ち込んでいる編集部のメンバーたち。

そこに宗介が戻ってきます。

そこで里中が「僕のせいなんです。悪いのは僕なんです」と告白を始めます。

あの時に駐車場で車を変な場所に止めてしまったのは里中で、その車を動かすために愛はドレスのそばを離れなければならなくなったのですね。

この事実に対して、「どんな理由があれ、彼女が持ち場を離れたことには違いない」と辛辣な宗介。

ミスをリカバリーする方法は他にもあったのではないか、と問いただす編集部のメンバーたち。

特に取り合う気のない宗介は、スタイリストのスケジュール確認を依頼しその場を離れます。

 

取材に行く準備をするなかで、宗介と愛が出張の時に持っていっていたカメラを発見する樋口。

その中の写真を見ており、宗介が撮影が愛の写真が何枚もあることを知ります。

宗介の中の愛に対する気持ちの変化に気付いたような樋口の表情です。

 

自宅で履歴書を書いている愛

自宅で履歴書を書いている愛のところに、梨沙が帰宅します。

MOSTの雑誌が縛られて積み上げられているのを発見する梨沙。

もう必要ないという愛に対し、MOSTの事が好きだったのではないか?と問いかけますが、お風呂に入ってくると言って躱す愛。

深夜の編集部オフィスでカメラの写真を見て思い悩む樋口でしたが、愛の荷物がまとめられたデスクを見て何かを発見します。

 

企画会議で「童話企画」が立ち上がる

次の日の朝、企画会議が始まり、樋口が提案があると手を挙げます。

樋口は童話にスポットを当てた読み物の企画を立案します。

物語の切り口をかえて脇役をクローズアップするといった内容で、コンセプトは「見方を変えれば世界は変わる。脇役だって主役になれる」というものを掲げる樋口。

これに対し宗介は悪くないと好評価。

その後、宗介のオフィスで先ほど提案した童話企画の元ネタを明かす樋口。

なんと元ネタは愛の手帳の中に書かれていた内容だったのです。

つまりこの企画を立案したのは愛であると伝えます。

この企画を進めるのであれば、愛の解雇を考え直してほしいということだと考えられます。

ですがその言葉とは裏腹に、宗介に愛を近づけたくないという樋口。

なんとその理由は、愛の事が好きだからだと告白をします!

私情は一旦置いておいて、この企画を進めるために愛を連れ戻すようにお願いしてその場を去る樋口。

何かを考えるかのような宗介の表情。

 

夜のザ・モスト編集部オフィスで宗介は荷物がまとめられた愛のデスクに近づきます。

そして何かを決断したような表情に。

次の日の朝、恐らく愛の家を探している宗介ですが、そんな宗介の目の前に突然愛が現れます。

思わず物陰に隠れてしまう宗介。(なぜだ・・・)

そして、愛に声をかけることが出来ずに、何となく後を付けるような形になってしまいます。

 

part5:宗介の説得~生まれ変わった愛

愛に話しかけようとする宗介だが

公園のブランコに乗っている愛に話しかけようとしていた宗介だが、突然愛に電話がかかってきて思わず物陰に隠れる宗介。

その後も滑り台に身を隠しますが、足を滑らし頭から滑り台を滑り落ちてしまい、愛にバレてしまいます(ドジっ子か・・)

 

一週間ぶりに会話をする二人。

突然、文講出版の労働規約を話し始める宗介。

要約すると、退職届を出してから2週間の間はまだ社員であることが認められているとのこと。

愛が退職届を出したのが8日と半日前なので、まだ愛は文講出版の社員であるということが言いたいようです。

愛のノートを全部読んだことを告げる宗介。

そして、愛が考えた童話の企画をやりたいとも告げます。

そのためには企画立案者である愛が編集部に戻ってきてくれないと困ると言い、ノートを愛に渡します。

それに対して愛は、評価してくれて嬉しい、アイデアは自由に使ってくれと言います。

どうやら文講出版に戻る気はないようです。

しかし宗介も譲りません。

愛が復帰してしまうとジェイムス・テイラーとのタイアップが破断になるという件に対しても、また別の企画を立案すると言い張り、ノートを愛の鞄の中に押し込みます。

宗介「あの時、僕は君の事を守るべきだった。判断を誤って君を傷つけた。申し訳なかった」

と、愛に頭を下げる宗介。

そして、MOSTの立て直しに力を貸してほしい、とお願いする宗介。

その後も、童話の企画は編集部メンバー皆が賛成していると言い、「手紙が書きたくなる一人旅」の記事も好評であることを伝え、愛を説得します。

宗介「たった一人かもしれないが、間違いなく誰かの心を動かしたんだ」

宗介「自分の可能性を信じてみたい。あの言葉が少しずつ叶ってきているんじゃないのか?」

この言葉に感じ入るものがありながらも、頭を下げてその場を離れてしまう愛。

 

父からの言葉

その帰り道に、愛は実家の印刷屋の前を通りかかり、父親の姿を確認します。

どうやら印刷機が故障しており仕事もうまくいっていない様子。

直接話しかけられず、少し離れたところから父親に電話をかけます。

そこで父から以下のように言葉をもらっていました。

父「いいか愛、お前は自分のことを悪く言うってことはだよ? お前のことを育てた父さんや母さんのことを悪く言ってるのと同じなんだぞ? まあな、もう誰がなんと言おうと、お前は自慢の娘だ。だからさ、お前も自分のことは好きでいてくれよ、な?」

 

その時、梨沙が以前、宗介とフリスビーをした公園にやってきています。

樋口から言われた、嘘が一番、人を傷つける という言葉が頭をよぎります。

 

自宅で自分のノートを見ている愛の元に宗介からメッセージが届きます。

玉ねぎに泣いている表情を書いて、その写真を送ってきていました。

宗介「主人がいなくて泣いてる。可哀想だろ。」「早く帰ってこい」

 

別人に生まれ変わった愛

次の日のザ・モスト編集部。

編集部のメンバーが忙しそうに仕事をしています。

そんな中で電話が鳴っていますが、取れる人がいないようです。

その時、入口から一人の女性が入ってきて電話を取ります。

「はい、MOST編集部の佐藤です!」

そこには生まれ変わったかのような美しい容姿をした愛の姿が!?

一同、騒然とします。

愛が無事、MOSTに帰還するところで第5話は終了です。

 

彼女はキレイだった日本版5話の感想は?

ここでは、第5話を観た視聴者の方の感想をまとめて紹介していきたいと思います。

第5話のラスト衝撃の展開でしたね!

このキレイなお姉さんは誰ですか? となった方も多かったのではないでしょうか?

それでは視聴者の方の声を見ていきましょう。

やはり、ラストシーンの愛が別人のようにキレイになっていたシーンに対する声が非常に多いですね!

あとは地味に、愛の父親の良いセリフに涙したなどの声もありました。

 


彼女はキレイだった日本版5話の今後の考察!

ここでは、彼女なキレイだった(日本版)5話の今後の展開に関して考察をしていきたいと思います。

5話のラストシーンでは別人に生まれ変わった愛がザ・モスト編集部に出社し、編集部メンバー達を驚かせていましたね!

次回予告でも雨が降る中、宗介が愛を抱きしめるシーンもありました。

今後はどのような展開になっていくのでしょうか。

 

愛は無事に文講出版に復職

5話のラストでは、別人のように綺麗になった愛がザ・モスト編集部に出社し、電話を取るシーンがありましたね。

宗介からも「戻ってこい」と言われていたこともあり、無事に復職できたと考えられます。

その後は復職のキッカケにもなった「童話企画」に取り組んでいく事になるのではないでしょうか?

愛の容姿が綺麗になったことによる、宗介や樋口のリアクションも楽しみですね。

韓国版では、樋口のポジションであるキム・シニョクは以前の髪ボサボサのそばかす面の方が良かった!というシーンがありました。

日本版ではどうなるのか気になりますね。

 

宗介は本当の「佐藤愛」に気付いた?

次回予告で、雨の中で宗介が愛のことを抱きしめるシーンがありました。

これまでの高圧的で辛辣な態度・表情とは一変され、なにかとても大切な事に気付いたような表情だったのが印象的です。

これはほぼ、本当の「佐藤愛」の存在に気付いたと考えて間違いないでしょう。

そうなると気になるのは梨沙の存在です。

5話では樋口から「本当のことを打ち明けた方が良い」という助言をされていましたが、無事に話をすることは出来たのでしょうか?

韓国版ではとある事がキッカケで、ソンジュンに”ハリはキム・ヘジンではない”事がバレてしまいます。

その後、ハリはとても傷付くことになるのですが、日本版の梨沙はどうなるのでしょうか・・・非常に気になりますね。

 

彼女はキレイだった日本版5話のネタバレあらすじや感想!愛の変貌がヤバい・まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はドラマ「彼女はキレイだった」(日本版)の第5話に関して、ネタバレやあらすじを徹底解説、視聴者の方の感想をまとめてきました。

彼女はキレイだったの第5話のネタバレあらすじは、愛がザ・モスト編集部を解雇になってしまったかと思いきや、別人になって帰ってきてビックリでしたね。

視聴者の方の感想もこの点に関する驚きの声が非常に多かったのが印象的です。

次回の第6話に対しても、どのような展開が待っているのか非常に楽しみです!