ドラマ

彼女はキレイだったの樋口の正体は誰?楠瀬凛と御曹司のどっち?

彼女はキレイだったの樋口の正体は誰?御曹司なのは本当?

Pocket

韓国ドラマが原作の「彼女がキレイだった」の日本版が、2021年7月6日から放送開始されています。

今回は、この彼女はキレイだったのドラマに出てくる樋口という人物の正体は誰なのか、楠瀬凛もしくは御曹司だと思われていますが、どっちなのか、まとめていきたいと思います。

樋口といえば、主役でありヒロインでもある佐藤愛に対する片思いなど、切ない演技が視聴者の中でも高評価を得ていますね。

飄々としており掴みどころのない人物でもある樋口ですが、その正体は一体誰なのでしょうか?

一部の視聴者の噂では、務めている会社「文講グループ」の会長の御曹司だと認識されていますが、果たして・・。

それでは、彼女はキレイだったの樋口の正体は誰?楠瀬凛と御曹司どっちなのか、見ていきましょう。

 


彼女はキレイだったの樋口の正体は誰?楠瀬凛か御曹司なのか考察!

ここでは、彼女はキレイだったの樋口の正体は誰なのかまとめていきたいと思います。

一部の噂では、樋口は文講グループの会長の御曹司だと思われていますが、それは本当なのでしょうか?

彼女はキレイだったは韓国ドラマが原作となっていますので、原作となっている韓国ドラマとの比較からまとめていきたいと思います。

それでは見ていきましょう。

 

韓国版でのキム・シニョクの正体は天才作家のTEN

韓国版での樋口役のポジションは「キム・シニョク」記者でした。

韓国版でもかなりの人気を博したキム記者。

日本版の樋口と同じくキム・ヘジン(韓国版の佐藤愛)の事が好きなのですが、その想いは届かず、むしろキム・ヘジンを応援するという切ない役どころを演じています。

そんなキム記者ですが、韓国版のドラマでも途中までは務めている出版社の社長の息子、つまり御曹司なのではないか、と思われていました。

ですが、実はドラマの最期に分かるのですが、キム記者は御曹司ではなかったのです。(御曹司の正体に関しては後述します)

韓国版のドラマ中でも、謎の天才作家として「TEN」という人物が登場していました。

決してメディアに登場してこなかったこの「TEN」ですが、なんとこの「TEN」の正体がキム記者だったのです!

もちろん韓国版でもザ・モストの雑誌が廃刊の危機に瀕しており、そのピンチを救うために謎の天才作家である「TEN」の独占取材ができないか、という施策を講じることになります。

そこで、「TEN」の正体がキム記者だった為、ザ・モストを救うために独占取材に応じることになり、ザ・モストは廃刊の危機を免れることになるのですね。

しかし、今までメディアにはずっと姿を隠し続けてきた「TEN」の正体が明かされたことで、キム記者はザ・モスト編集部を辞めることになりました。

このように、韓国版での樋口のポジションであるキム記者の正体は御曹司ではなく、謎の天才作家である「TEN」だったのですね。

 

樋口の正体も天才作家の楠瀬凛

日本版の彼女はキレイだったでも、謎の天才作家として「楠瀬 凛」という人物が名前だけ登場していますね。

ザ・モストの副編集長である宗介も、この「楠瀬 凛」の小説のファンであるという描写があります。

このことからも、韓国版のキム記者と同じポジションでもある樋口の正体が、この「楠瀬 凛」である可能性が非常に高いと考えられます。

文講グループの会長の御曹司という線も考えられますが、韓国ドラマのリメイクであり、ここまで大枠のストーリーの流れが韓国版と同じであることから、ほぼ「楠瀬 凛」で間違いないでしょう。

ただし、韓国版の彼女はキレイだったでは、謎の天才作家「TEN」の名前がそれなりに頻繁に出てきていたのに対して、日本版だと「楠瀬 凛」の名前はあまり出てきていないのが気になります。

日本版しか見ていない視聴者からすると「楠瀬 凛」て誰?とならないか、少し気になるところですね。

 

文講グループ会長の御曹司は宮城文太の可能性大

では、文講グループの会長の息子(御曹司)は誰なのでしょうか?

韓国版の彼女はキレイだったでは、ドラマのラストの方で出版社の社長の息子、つまりザ・モスト編集部にいる男性社員の誰かが、副社長に就任する流れになります。

そこでほとんどの視聴者の方が、恐らく副社長はキム記者だろう、と思っていたところに、全く違う人物が副社長就任式に現れます。

その人物というのが「ブンホ記者」でした。

ブンホ記者というのは、ファッション誌の編集部員とは思えない感じで、外見や服装に無頓着な人物として登場しています。

背中を掻くために孫の手のような物をいつも持っているような人物で、あまり品格もあるようには見えません(笑

そんな人物が副社長に就任、つまり御曹司だったということで、韓国版の視聴者の方でも驚いた方が多かった思います。

日本版では、その「ブンホ記者」のポジションとしては「宮城文太」という人物が登場しています。

名前が少し似ていますね(笑

恐らく、日本版の彼女はキレイだったでも文講グループの会長の息子が、文講出版の社長か重役に就任する流れがあるのではないでしょうか?

その時にその座に就任するのは、この「宮城文太」という人物である可能性が高いと考えられますね。

 

彼女はキレイだったの樋口の正体は誰なのか視聴者の予想は?

ここでは、彼女はキレイだったの樋口の正体は誰なのかについて、視聴者の予想を紹介していきたいと思います。

一体どのような人物が挙がっているのか気になりますね。

見ていきましょう。

やっぱり「樋口くん=御曹司」説が非常に多いですね。

理由としては、樋口の住んでいる家がかなり立派だったというのがあるようです。

韓国版のキム記者もかなり良い部屋に住んでいる描写がありましたが、あの部屋はホテルのスイートルームを長期間借りているという設定でした。

謎の天才作家「TEN」としては、一ヵ所に定住するよりもホテル住まいのほうが都合が良いからですね。

日本版では樋口の住んでいる場所はまだ語られていませんが、今後もしかすると住んでいる場所が語られるかもしれません。

紹介した最後の方の予想では「楠瀬 凛」ではないか? という鋭い考察もありました。

確かに、樋口が寝不足気味という描写もありましたが、もしかするとそれが「楠瀬 凛」であることの伏線だったのかもしれませんね。

 


追記:彼女はキレイだったの楠瀬凛の正体は樋口だった!

9月7日に放送された「彼女はキレイだった」のドラマ第9話の最後で衝撃の展開が待っていましたね。

なんと、ドラマが始まってからずっと「謎の人気作家」として登場していた楠瀬凛の正体は樋口でした。

一方、文講グループの会長の御曹司は宮城文太でしたね。

上記で予想した通りでしたが、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

楠瀬凛の正体は樋口

廃刊をかけた次号MOSTの目玉特集に、楠瀬凛とのインタビュー記事を計画していた宗介達でした。

ですが、楠瀬凛への取材オファーが取れず、あえなく断念することになりましたね。

そんな中ですが、ザ・モスト編集部の総力を上げて作り上げれば、目玉の特集が無くてもいい雑誌が作れるハズ、とメンバー一丸となって取り組むことになります。

雑誌の原稿が出来上がり、最終的には宗介自らが工場に出向き印刷をお願いしていましたね。

正直なところ、目玉特集無しでライバル雑誌のルナに勝てるとは思っておらず、MOST廃刊が濃厚になってきたところで転機が訪れます。

なんと、あの楠瀬凛が取材に応じると言い出したのですね!

大急ぎで取材場所のホテルの一室に向かった宗介の前に居たのは、、、なんとスーツをビシッと着込んだ樋口でした。

以前のSNSでの予想では、樋口は文講グループの会長の御曹司だろう、という声が多かったで、この展開には驚いた方々も多かったのではないでしょうか。

 

文講グループ会長の御曹司は宮城文太

第9話でいよいよ、文講グループの会長の御曹司が文講出版の副社長に就任することになりました。

就任式が開始されるまで誰が副社長に就任するのかは、ザ・モスト編集部のメンバーも知らない状況でしたね。

事務所のモニター越しに就任式を見ているザ・モスト編集部メンバーの前に現れたのは、、、なんとあの宮城文太でした。

この時点で、ザ・モスト編集部の中に樋口と宮城の2人が居ないことには気付いた人も多かったと思います。

副社長(文講グループ会長の御曹司)は樋口であるというのが大方の予想だったので、宮城文太が登場した時には驚いた方も多かったのではないでしょうか。

この宮城文太による副社長就任式の裏では、宗介が楠瀬凛であった樋口と会うシーンが描かれていました。

ダブルドッキリのような形で視聴者の方を驚かせていましたね!

 

彼女はキレイだったの樋口の正体は誰?楠瀬凛と御曹司のどっち・まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、彼女はキレイだったの樋口の正体は誰なのか、また御曹司の正体に関してまとめてきました。

韓国版の彼女はキレイだったのキム記者の正体が謎の天才作家の「TEN」であることから、日本版の樋口も「楠瀬 凛」という謎の天才作家であると予想しました。

文講グループの会長の息子(御曹司)としては、「宮城文太」という人物であると予想しましたね。

これも韓国版の「ブンホ記者」から予想できました。

いよいよ、日本版の彼女はキレイだったのドラマも終盤に差し掛かっており、樋口の正体は誰なのかが明かされる回も近いと考えられます。

予想通り「楠瀬 凛」なのか、それとも日本版では異なる人物なのか、非常に楽しみですね。

※追記

9月7日放送の第9話で楠瀬凛の正体が明かされましたね。

その正体は樋口でした。

そして文講出版の新副社長に就任したのは宮城文太でしたね!