ドラマ

梨泰院クラスと六本木クラスはどっちが先で違いは?日本で実写ドラマ化決定!

梨泰院クラスと六本木クラスはどっちが先で違いは?日本で実写ドラマ化決定!

Pocket

2020年に韓国のドラマとして人気を博した「梨泰院クラス」が、日本で実写ドラマ化が決定しました。

番組タイトルは「六本木クラス」と言うようです。

実はこの「六本木クラス」ですが、元々日本でweb漫画として配信されており、韓国版の「梨泰院クラス」とどっちが先なの?違いはあるの?という声がとても多いようですね。

今回は、日本で実写ドラマ化が決定されたこともあるので、「梨泰院クラス」と「六本木クラス」はどっちが先で違いは何かについてまとめていきたいと思います。

それでは見ていきましょう!

 


梨泰院クラスと六本木クラスはどっちが先?違いはある?

ここでは、「梨泰院クラス」と「六本木クラス」は原作はどっちが先なのか、ストーリーなどに違いはあるのか、についてまとめていきたいと思います。

また、なぜ”六本木”なのかについても見ていきましょう。

 

『梨泰院クラス』の原作は同名のWEBTOON漫画

「梨泰院クラス」を韓国のドラマとして知った方も多いと思いますが、実はこの作品は原作は漫画だったのですね。

「WEBTOON」という、スマホで読める韓国発の縦スクロール式のカラーウェブ漫画で配信されていました。

梨泰院クラスの原作まとめ
  • 作家『チョ・グァンジン』
  • DAUM WEBTOONにて配信されたWeb漫画
  • 原作タイトル「이태원 클라쓰(梨泰院クラス)」
  • 読者平均点数 9.9点
  • 連載中累積ヒット回数 2億2000回

このまとめからも分かる通り、原作のweb漫画は韓国でとてつもない人気を誇っており、後に実写化されたドラマも大ヒットになっていましたね。

 

日本版が『六本木クラス』

この「梨泰院クラス」の日本版が『六本木クラス』というタイトルになっており、日本では漫画配信サービス「ピッコマ」で読むことができるようになっています。

「梨泰院クラス」の日本版として、日本でもweb漫画で配信されており、「ドラマジャンル」で上位に位置する人気作品のようです。

韓国の「梨泰院クラス」と日本の「六本木クラス」は原作としてはどちらが先だったのかというと、作者が韓国人である以上、韓国発の漫画だと言えるでしょう。

韓国と日本でほぼ同時期にweb漫画として配信されていたことから、一部の人の間では日本発(原作)の漫画だと思っている方もいるようでした。

原作は韓国の作品となりますが、日本で実写ドラマ化されるのは日本で配信されていた「六本木クラス」になります。

その為、韓国ドラマ「梨泰院クラス」の日本リメイクというよりかは、日本版の漫画「六本木クラス」の実写ドラマ化、という表現が正しいでしょうね。

 

『梨泰院クラス』と『六本木クラス』の違い

ここでは韓国の「梨泰院クラス」と日本の「六本木クラス」の違いに関してまとめていきます。

「梨泰院クラス」と「六本木クラス」の違い
  • 場所:韓国の「梨泰院」から日本の「六本木」に変わる
  • 登場人物:韓国人から日本人に変わる
  • ストーリー:韓国版と日本版とでほぼ変わらない

主に変わる点としては、場所と登場人物が日本にカスタマイズされているようですね。

ストーリー展開や、主人公パク・セロイ(韓国版)の絶対に諦めない精神や熱い名言などはそのまま引き継がれていると言われています。

日本版「六本木クラス」のあらすじを以下に紹介します。

■「六本木クラス」あらすじ

国内最大外食企業JGグループに勤めている父親の転勤である 田舎に引っ越した高校3年の「新」。

転校した学校でJGグループの御曹司で学校では神と呼ばれる 「金城 龍河」に出会う。

正義感の強い「新」は「龍河」のならずものぷりに我慢できず 一発殴ってしまい退学処分、 父親は20年間勤めていた会社を辞める羽目に… さらに「龍河」が起こした交通事故で父を亡くした「新」は 「龍河」に暴力をふるい少年院行きとなる。

JGグループを倒すと心に決めた「新」が選んだ再起の街 「六本木」。 それぞれの価値観が重なり合う「六本木」を生き抜く青春物語が いよいよ開幕!

※引用元:ピッコマ「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」

 

梨泰院クラスの日本版『六本木クラス』が実写ドラマ化決定!新の役は誰?

「梨泰院クラス」の日本版である「六本木クラス」の実写ドラマ化が決定されましたね。

ここでは、その「六本木クラス」のドラマ化について紹介していきたいと思います。

それでは見ていきましょう。

 

2022年夏に『六本木クラス』ドラマ放送予定

「六本木クラス」の実写ドラマ化は、2022年の夏頃にテレビ朝日系列で連ドラとして放送される予定のようです。

現在、これ以上の情報はまだ公開されていません。

 

主演は『竹内涼真』が内定

「六本木クラス」の主人公である「新」の役を演じるのは「竹内 涼真」さんが内定したようですね。

竹内 涼真プロフィール
  • 名前:竹内 涼真(タケウチ リョウマ)※本名:竹内 崚(タケウチ リョウ)
  • 生年月日:1993年4月26日
  • 血液型:A型
  • 身長:185cm
  • 趣味・特技:歌、サッカー
  • 所属:ホリプロ

主な出演作品
  • 仮面ライダードライブ
  • 下町ロケット シリーズ
  • 時をかける少女
  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ひよっこ
  • 過保護のカホコ
  • 陸王
  • ブラックペアン
  • テセウスの船
  • 君と世界が終わる日に

 

SNSの反応を紹介

ここでは「六本木クラス」の実写ドラマ化に対する反応を紹介していきたいと思います。

「梨泰院クラス」→「六本木クラス」に対する違和感を持たれている方が結構多い印象です。

また、韓国ドラマを日本でリメイクすることによる苦言を呈している方も多くいらっしゃるようですね。

「梨泰院クラス」は韓国はもちろん、日本でもNetflixの配信でとても人気があるドラマですから、リメイクするということにどうしても拒否反応が出てきてしまうのかもしれません(笑

 


梨泰院クラスと六本木クラスはどっちが先で違いは?日本で実写ドラマ化決定・まとめ

今回は「梨泰院クラス」と「六本木クラス」は原作はどっちが先なのか、違いはあるのかについてまとめてきました。

また、日本で実写ドラマ化が決定されたので、主演やSNSでの反応をまとめてきました。

「梨泰院クラス」と「六本木クラス」の原作はどっちが先なのかに関しては、原作は「梨泰院クラス」でしたね。

「六本木クラス」は日本版の漫画として「ピッコマ」で配信されています。

違いとしては、物語の舞台が梨泰院から六本木に変わるのと、登場人物が韓国人から日本人に変わっていますが、ストーリーはほとんど変わっていません。

日本での実写ドラマ化では、主演には「竹内 涼真」さんが内定しているようです。

その他のキャストに関してはまだ情報が公開されていません。

韓国はもちろん、日本でも話題となったドラマの日本版なので、色々な意味で楽しみですね。