ニュース

林家三平が笑点を降板する理由や後任は誰?痩せすぎはRIZAPでの減量だった?

林家三平が笑点を降板する理由や後任は誰?痩せすぎはRIZAPでの減量だった?

Pocket

今回は『林家三平が笑点を降板する理由や後任は誰?痩せすぎはRIZAPでの減量だった?』に関して紹介していきます。

12月26日(日)に林家三平さんが笑点を降板することになりましたね。

2016年からの5年半という短い時間で降板となったのには何か理由があったのでしょうか?

最近は痩せすぎが話題にもなっており、体調不良や病気の可能性も考えられていました。

この記事で分かること
  • 林家三平が笑点を降板する理由は?
  • 林家三平の後任は誰?
  • 痩せすぎの原因はRIZAPだった?
ゴロー
ゴロー
周りは大御所の落語家ばかりでプレッシャーも凄そう。
モグラ博士
モグラ博士
後任が誰になるのかも気になるね。

それでは『林家三平が笑点を降板する理由や後任は誰?痩せすぎはRIZAPでの減量だった?』と題して見ていきましょう。

 


林家三平が笑点を降板する理由は何?後任は誰になる?

ここでは林家三平さんが笑点を降板する理由や、その後任に関してまとめていきたいと思います。

5年と半年という短い期間で降板となったのには何か理由があったのでしょうか?

それでは見ていきましょう。

 

林家三平が笑点を降板する理由は「実力不足」

12月19日に放送された笑点のラストで林家三平さんの降板が本人の口から伝えられました。

その中で本人の口からは以下のように語られていましたね。

  • 今年(2021年)をもって焦点を離れる気持ちを決意しました
  • 5年半、一度も座布団10枚を取ったことがありません
  • 表に出て自分のスキルを上げて、座布団10枚獲得のために勉強し直してきます
  • 身体を鍛え、心を鍛え、芸の幅を広げて、色んな経験をして戻ってまいります

心なしか涙をこらえて語られていたようにも見えます。

その動画はこちらです↓↓↓

また、林家三平さんの公式Twitterでも以下のようにツイートされていました。

本人からもはっきりと「実力不足と理解している」と言われていますね。

座布団10枚を一度も取ったことが無い、と語っていた通り、笑点の収録時には客席がシーンとしていたこともしばしばありました。

また林家三平さんご自身も大喜利をした後に困ったような表情をする時がありましたね。

今回の降板の発表をしていた時の他の笑点メンバーの表情も、真顔というか笑顔一つない感じでしたので、相当厳しい状況だったことが伺えます。

 

林家三平がつまらない理由3つ

ここでは林家三平さんがつまらないと言われる理由に関して触れていきたいと思います。

インターネットで「林家三平」で検索をすると、2語目のワードに”つまらなすぎる”などというワードが出てきますね。

主に笑点という番組において、つまらないと言われる理由を以下3つの観点からみていきます。

  • キャラ設定
  • 得意とするネタ
  • テンポの悪さ

 

キャラ設定

つまらない理由の1つ目としては“キャラ設定が定着しなかった”ことが挙げられるようです。

芸人や落語家としては芸の良し悪しはともかくとして、人として好かれるかというのも重要なポイントになるようですね。

この点、林家三平さんは笑点という番組において愛されるキャラ設定を定着できなかったことが問題だったのかもしれません。

ゴロー
ゴロー
周りの師匠達は皆キャラが立ちすぎて凄いよね。

 

得意とするネタ

つまらない理由の2つ目として、得意とするネタが身内ネタだったことが挙げられます。

身内ネタとして、よく家族のネタをやっていたことが多かったようですが、観客や視聴者の間では不評だったようですね。

まず身内ネタの時点で、共感できる、分かる、と思える人が一定数に限られてしまうのではないでしょうか、

また、しばしば夫婦円満ネタなどもやられていましたが、こういった“幸せ”なネタをやっても喜ぶ人は少ない印象です。

周りの師匠たちを見ても、バカ、下ネタ、悪役、お調子者、貧乏、などなど、少し下品で低俗なネタのほうがウケている印象がありました。

 

テンポの悪さ

つまらないと言われる理由の3つ目としてテンポの悪さがあるようです。

視聴者や観客の間では林家三平さんが大喜利をすると流れが止まる、と言われていました。

確かに、林家三平さんはキレイな大喜利をしようとしていた事が多く、それが周りの師匠たちの大喜利と上手くマッチしない、といったことがよくあったようです。

こうなると、面白い/面白くない、上手い/上手くない以前に、林家三平さんだけが浮いて見えてしまいますね。

ゴロー
ゴロー
その場の流れを読む力や即興性も求められるし、難しいね。

 

林家三平が笑点を降板したあとの後任

林家三平さんの後任は2022年1月1日に発表されると報じられています。

ここでは、その後任は誰になるのか予想していきたいと思います。

立川晴の輔(たてかわ はれのすけ)さんですね。

この方は立川志の輔さんの一番弟子として入門して、その後に”志の吉”を拝名しています。

2007年には「第1回 東西若手落語家コンペティション」で初代グランドチャンピオンになっていました。

林家正蔵(はやしや しょうぞう)さんです。

今回降格となった林家三平さんのお兄さんですね。

前名は「林家こぶ平」でした。

落語家以外にも、俳優やタレント、声優、司会者などマルチに活躍されている方ですね。

海老名泰葉(えびな やすは)さんは、初代・林家三平さんの次女に当たる方ですね。

落語家というワケではなく、シンガーソングライターやタレントといった形で活動されており、笑点としては異色な人物だと言えると思います。

そういった意味で、突き抜けたキャラにはなるかもしれませんね。

これは「月亭方正」のことでしょうか。

月亭方正(つきてい ほうせい)は、ダウンタウンのガキの使いやあらへんででお馴染みの山崎邦正さんですね。

年齢も53歳と林家三平さんとそれほど変わらないので、若手落語家として笑点の新メンバーの可能性もあるかもしれません。

 

追記:後任は「桂宮治」に決定

2022年1月1日に笑点の林家三平さんの後任の方が発表されました!

その人物は「桂宮治」さんでしたね。

桂宮治 プロフィール
  • 芸名:桂 宮治(かつら みやじ)
  • 本名:宮 利之(みや としゆき)
  • 生年月日:昭和51年10月7日
  • 出身地:東京都品川区
  • 芸種:落語
  • 階級:真打
  • 出囃子:阿波踊り
  • 趣味:適度な飲酒、子育て、家族と戸越銀座を散歩

※引用元:公益社団法人 落語芸術協会HP

ネット上の反応を見ていきましょう。

 

林家三平の痩せすぎはRIZAPでの減量だった?笑点の降板と関係はある?

笑点からの降板が報じられるのと同じくして、林家三平さんは痩せすぎていると話題になっていましたね。

一部の噂では、笑点でのストレスや病気では?とも言われていました。

痩せすぎの原因を見ていきましょう。

 

林家三平の痩せすぎはRIZAPでの減量

林家三平さんが痩せたのはRIZAPでの減量が原因だったようです。

痩せる前と痩せた後の画像を比較してみましょう。

左側は笑点のメンバーに加わって間もない頃の画像ですが、顔もふっくらしていますね。

右側が降板の報告をしている時の画像ですが、まるで別人のようです。

これは確かにストレスや病気を疑われても不思議ではないですね。

本人も「身体を鍛え、心を鍛え」と語っていたので、まさしくRIZAPで既に身体を鍛えていたのだと思います。

モグラ博士
モグラ博士
既に有言実行してたということだね。

 

笑点の降板とは関係ない

林家三平さんの今回の笑点降板と激やせとは直接は関係がないことが分かりましたね。

重病説や笑点メンバーとの確執なども全否定されています。

あくまで身体を鍛えるという目的でRIZAPのプログラムに申し込み、減量を実践していたのでしょう。

いずれにせよ、ストレスや病気でもなく、笑点の降格とも特に関係ないとのことで良かったですね。

 


林家三平が笑点を降板する理由や後任は誰?痩せすぎはRIZAPでの減量だった?まとめ

今回は『林家三平が笑点を降板する理由や後任は誰?痩せすぎはRIZAPでの減量だった?』と題してまとめてきました。

最後にもう一度振り返っておきましょう。

まとめ

■林家三平が笑点を降板する理由は?

  • 表に出て自分のスキルを上げるため
  • 身体を鍛え、心を鍛え、芸の幅を広げて、色んな経験をするため

■林家三平の後任は誰?

  • 立川晴の輔さん、林家正蔵さん、海老名泰葉さん、月亭方正さんなど、予想の声が上がっている

■痩せすぎの原因はRIZAPだった?

  • 身体を鍛えるためにRIZAPでの減量が原因だった
  • 笑点メンバーとの確執などはない
モグラ博士
モグラ博士
笑点に戻ってくるのは簡単ではないと思うけど、頑張って修行してまた戻ってきて欲しいね。

それでは『林家三平が笑点を降板する理由や後任は誰?痩せすぎはRIZAPでの減量だった?』を最後までお読みいただき、有難うございました。