ニュース

ドコモ通信障害の原因は何で復旧はいつ?過去にも同じ事故が起きていた?

ドコモ通信障害の原因は何で復旧はいつ?過去にも同じ事故が起きていた?

Pocket

10月14日(木)の17時頃、NTTドコモで通信障害が発生しましたね。

その後、復旧したとの報道がされましたが通信障害はまだ続いているようです。

今回はドコモの通信障害の原因や何なのか、復旧はいつされるのかについてまとめていきたいと思います。

この記事で分かること
  • ドコモの通信障害の原因は何?
  • ドコモの通信障害はいつ復旧される?
  • 同じような通信障害は過去にもあった?

それでは『ドコモ通信障害の原因は何で復旧はいつ?過去にも同じ事故が起きていた?』と題して見ていきましょう。

 


ドコモ通信障害の原因は何で復旧はいつする?過去に同じような事故があった?

ここでは、本日発生したドコモの通信障害の原因と復旧される時期に関してまとめていきたいと思います。

一度は復旧したと報告されましたが、その後も数多くのユーザーの方々で繋がらないという声が相次いでいますね。

どういうことなのか、見ていきましょう。

 

通信障害の原因

ドコモからは同日の午後19時57分頃に「完全復旧」した、という報告がありましたね。

その後、復旧したという報告があったにも関わらず、一部のユーザーでは相変わらず繋がりにくい現象が続いていました。

そうしたところ、ドコモからは同日の午後22時頃、当初「完全復旧」としていたところを「順次復旧」という形に報道修正が行われました。

これはどういう事かと言うと、復旧直後はアクセスが集中するため”輻輳(ふくそう)”という現象が起こり、繋がりにくくなるケースがあるということでした。

輻輳(ふくそう)とは

交換機の一定時間内に処理できる能力を越える電話が集中することにより発生するいわゆる「電気通信網の渋滞」のことを「輻輳ふくそう)」といいます。 ふくそうは、電話がつながらないことにより相手につながるまで繰り返し電話をかけ直す行為により増大します。

※引用元:NTT西日本

これはこれで理解は出来るのですが、そもそも17時頃に発生した通信障害の原因は何だったのでしょうか?

この根本の原因については、現在何も語られていません。

19時57分頃の「完全復旧」の報告の際に、通信障害の原因に関しては詳細を確認中となっていました。

原因はきちんと報告されるのでしょうか?

 

※2021年10月15日(金) 追記

本日(10/15)、NTTドコモの田村穂積副社長より以下のように原因の説明がありました。

通信障害の原因

IoTサービスの関連したネットワーク工事の切り戻しに伴い、IoT機器からの信号量が増え、ネットワークの「輻輳(ふくそう)」が起きたことが原因であると認識しており、深く反省しております。

通信障害の発生から1日近く経った現在でも、まだネットワークへの接続が不安定なユーザーもいるようです。

今回の原因であるネットワークの「輻輳(ふくそう)」は、復旧までに時間がかかり、かなり厄介みたいですね。

 

過去にも似たような通信障害の事故があった

2018年12月6日に「ソフトバンク」で同じような通信障害の事故が発生していましたね。

この時は、障害が起きていた時間も長く、12月6日の午後1時40分ごろから約4時間半にわたって続いたようです。

他には、2015年7月に「KDDI」で最大で約796万件のメール送受信ができなくなる通信障害が発生していました。

さらにドコモでも2012年1月に、約252万件で通話やデータ通信が利用できなくなる通信障害の事故が発生していました。

いずれの通信障害も電気通信事業法に基づいて「重大な事故」とされ、総務省から行政指導がされていたようです。

ソフトバンクの通信障害の場合ですが、その原因は「データを送る側と受ける側を繋ぐ交換機の不具合」によるものだったと言われています。

交換機はスウェーデンのエリクソン社製で、この交換機を使用していた海外10か国の通信会社でも同様の時間帯に同様の通信障害が発生していたようですね。

今回のドコモの根本の通信障害の原因も、もしかすると交換機の不具合だった可能性も十分考えられるのではないでしょうか?

 

通信障害の復旧はいつするのか

まだ通信障害の根本の原因に関しては分かっていませんが、ドコモによると19時57分時点から「順次回復」すると言われています。

現在、通信がしにくくなっている原因として言われているのが、障害復旧後の「輻輳(ふくそう)」であると言われていますが、恐らく復旧まで数時間かかるのではないかと思います。

遅くとも、明朝までには復旧していて欲しいですね。

続報があれば、また追記していきたいと思います。

 

※2021年10月15日 追記

復旧状況に関しては以下のように報告がされています。

  • 2021年10月14日(木曜)午後5時0分頃発生
  • 2021年10月14日(木曜)午後7時57分より順次回復
  • 2021年10月15日(金曜)午前5時5分に5G・4G回復
    (3Gについては継続対応中)

※対象地域:全国

3G回線やガラケーなどに関しては、まだ復旧の目途が立っていないようです。

利用者が少ない回線だとは思いますが、一日でも早い復旧が求められますね。

 

ドコモ通信障害によるSNSの反応は?

ここでは、ドコモの通信障害によるSNSでの反応を紹介していきたいと思います。

現時点でも未だに繋がりにくい人が多数いるようですが、どうなのでしょうか?

やはり、未だに多くの「通信がうまく繋がらない」人がいるようですね。

一部で特に問題なく繋がっている人も見受けられました。

もう少しの時間の信望なのかもしれませんね。

 


ドコモ通信障害の原因は何で復旧はいつ?過去にも同じ事故が起きていた・まとめ

今回は『ドコモ通信障害の原因は何で復旧はいつ?過去にも同じ事故が起きていた?』と題してまとめてきました。

ドコモの通信障害の根本の原因が何なのか、まだ分かっていませんね。

通信障害自体は順次回復のステータスにあり、今は復旧後のアクセス集中による「輻輳(ふくそう)」が原因となっています。

復旧がいつになるのかも正確には分かっていませんが、恐らく、明朝までには復旧しているのではないでしょうか?

現時点でも一部の人では通信障害が起こってしまっているようなので、少しでも早い復旧が望まれますね。